2017年04月02日

『南海トラフ大地震が4月までに、という予言の期限は正確に何月何日?』、3 月の成績、予知-M4-5 東北沖か茨城県、千葉県

予知--M4-5 東北沖か茨城県、千葉県(観測データ)
青海、アルゼンチン北西、日本、パプア、アフリカ東
3/31-4/3 M5-6 ジャワかスマトラ島(ぞう、ドラゴン、氷平原、津波)
4/2 M5-6 中米(海と岬)

 大阪は晴れ

 4月の地震はつきとめました。最大は4月5-10日 M7バヌアツかソロモン諸島です。2番は、4月13-15日 M7 ペルーです。日本はまたつきとめます。大きな地震はありません。

 4/1 M3.5 石川県能登地方
3/29の能登半島沖の電離層異常から2日後でした。

 3月の成績
 低迷しました。透視が昨年12月をピークに当たらなくなりました。回復していません。どうしてでしょう。

 数多く予知しましたが、的中したのは以下です。テレビ予知と透視は2つです。透視は1/3です。観測データは、3/30のカリフォルニアはぴたりでした。が、ピンポイントで予想できる条件が揃うのはなかなかありません。電離層の異常からの予想は3つ当ててます。5日に1つくらいのペースで当たります。
 あまりに的中率が低いので、確率を今回は出しません。

3月公式予知 結果
1, M7 NZ ← 外れ
2, 29日 M6 イタリア ← 外れ
3, 済 3/6 M6.3 ニューギニア 半的中

日本
1, M5-6の千葉県北 ← 外れ
2, 外れ 2日 M5.2 日向灘か
3, 完全的中 12日 M5.3 福島県沖

 テレビ予知、透視成績
3/5-8 M7 パプアニューギニア→ 3/6 M6.3 ニューブリテン島
12-13日 M5 福島県沖→ 3/12 M5.3 福島県沖

観測データの成績
M5 小笠原諸島→3/26 M4.5 伊豆諸島
米とメキシコのカリフォルニア→ 3/30 M5.7 カリフォルニア湾

電離層予想 3/17から
スラウェシ→3/17 M5.5 バリ
メキシコ、スラウェシ→3/30 両地域でM4-5

以上    

地震記事
 『南海トラフ大地震が4月までに、という予言の期限は?』
 ジョセフ・ティティルというアメリカのサイキッカーが「南海トラフ地震が2017年4月までに起きる。」と予言しています。
 「4月までに」という時、日本の役所では、4月30日当日までを期限とします。ジョセフの英語を翻訳した人はそれくらいご存知でしょう。だから、期限は、4月30日です。ネットの一部上では「南海トラフ大地震は3月末まで」と解釈してます。が、日本語としては間違いです。まだ現在4月1日、予言の期間内です。役所に提出する書類はこういう書き方が多いですから、覚えておくのは大切です。しかし、ジョセフは当たりませんから、彼の予言はうろ覚えでもかまいません。

KORG X5D X-5D キーボード 34400円


 寄付のお願い。私の予知は皆様のご支援に支えられています。私は月の収入が2万円未満です。寄付をお願いします。

== 今日の地震予知 (本日から明日朝までの地震)==
 9時の異常はアラスカで極大。アラスカかアリューシャン列島でM5-6
 
 分布---アイリスより。10地域。ギリシア、千島、バンダ海にバヌアツ。中南米。

 電離層の異常(たなびく地点、日本は色がついたケース)
 メキシコ南、ペルー、ニューギニア東、西日本
地球---衛星磁場は荒れる。衛星磁場は6.9時に波。磁気嵐は-時に波。

世界の地磁気異常
1,9時の大波はアラスカで南をさす。露PBKは上をさす。千島かアリューシャン、アラスカM5-6。

日本--9時の波は北海道から千島M4-5

気象庁のグラフは昨夜、見れましたが朝は見れません。

茨城県のち電流は
(気象庁観測データプロット)
マイナスの波が2つ。M4-5茨城県か東北沖。鹿児島は右肩さがり。

茨城県の地磁気は
ノイズはあるが、特にない。

 -- テレビ予知 (イベントは31日後)--
 本日のドラゴンホールは、切り株型の大岩ですから、中国台湾で強い地震が1ヶ月後です。
  
 またのお越しを
posted by たすく at 11:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする