2018年07月07日

『福島県小野浜の潮汐からわかった。7月の大地震の日。7/13日に新月がくる!!』、箕面市の止々呂美から数キロ南に住む私。大雨やまず。予知-- M4 九州

『福島県小野浜の潮汐からわかった。7月の大地震の日。7/13日に新月がくる!!』、箕面市の止々呂美から数キロ南に住む私。大雨やまず。予知-- M4 九州

予知(観測データ)(1)
M4 九州
テレビ予知--確率10-20% (2)
7/4-7 M6-7 パプアニューギニア(砂漠、砂漠-島模様、波紋)
7/4-7 M5 北海道(散乱の町瓦礫)
7/4-7 M5-6 メキシコ(宝箱)

 こんにちは、大阪は大雨
 昨日、近所を見回りに行ってきました。箕面市止々呂美の雨はピークを過ぎてません。蓄積すると、山崩れになります。国道423号はまだ通れます。
 いつも買い物にゆく川西市多田で猪名川の増水でしょうか。あの新田が警戒地域になってました。猪名川町でさらに大雨になると、多田が水びたしになりそうです。


7/6 池田市北部、久安寺川にかかる旧吉田橋です。水位はあまり高くありません。

家に閉じ込められて3日め。私は元気がありません。

 昨日の記事の訂正
 『13章13節「あらゆる民族、国」は2011年3月〜2012年7月に起きた自然災害です。その期間の大地震は何か? 2012年3月20日 M8 メキシコ南部です。』

 と書きました。が、2011/3-2012/7までの大地震には、2012年4月11日 M8.6 スマトラ沖もありました。スマトラの可能性をまだ完全に排除しません。

 7月の透視がみえているかが判明する頃です。パプアニューギニアを外すと、その他も再チェックが必要です。

 7/6 M6.1 カムチャッカ半島

『福島県小野浜の潮汐からわかった。7月の大地震の日。7/13日に新月がくる!!』
 新月や満月の日に地震が起きやすいという噂があります。検証すると、大地震の9割はそんな潮汐の特異日に発生してました。特異日とは、満潮や干潮のピークすぎなどです。例外は1割です。

 7月の特異日
7/6は下弦の月、7/13 新月 7/20 上限の月です。

tide20180707.png

7/7-8 満潮と干潮のが逆のピークすぎ
7/11-12 第2満潮のピークすぎ
7/14-16 満潮と干潮のピークすぎ
7/19-7/24 満潮と干潮が逆のピークすぎ

この中で最も強くなりそうなのは?
 7/23-24です。4日も満潮が126cmでした。それが7/23に127cmにあがった直後です。ためこんでいそうです。7/22は第2満潮があがりはじめた日などで、大地震の発生しやすい日でした。

 新月7/13の前と後ではどちらがやばいでしょう。干潮と満潮のピークは新月の後です。新月前よりもやばそうです。今月は7/22頃に強い地震が控えてます。気をつけましょう。

 公式予知 7月
1, 7/4-7 M6-7 パプアニューギニア
2, 7/20-23 M6.5 福島県沖 震度5以上
3, 7/27-30 M7-8 メキシコ中部

日本
1, 7/22頃 M6-6.7 福島県沖
2, 7/14 M5-6 青森
3, 7/4-6 M5 北海道

 地震記事

黒松


 寄付のお願い。私の予知は皆様のご支援に支えられています。私は月の収入が1万円未満です。ご寄付をよろしくお願いします。

==  今日の予兆・前兆(本日から明日朝までの地震)==
 パプアニューギニアはあるか? カムチャッカの間違いではないと思いますが。

潮汐の危険日-- 7/6-7 詳細

 分布---アイリスより。8地域。M6.1 カムチャッカ、イラン、アフガン。ニューギニア、豪南沖、トンガ、アラスカ、グアテマラ、中米、チリ。

地球---衛星磁場は平穏。3時に波。衛星電子は3.6時に波

世界の地磁気異常
11時の2波はアラスカで南。2つめが小さめ。これは日本に多い型。が、ロシアに前兆なし。オセアニアか。

日本--11時の波はM5

茨城県の地電流は
kk180706.png
(気象庁観測データプロット)
振幅が出てますが、不明です。

鹿児島は
kn180706.png
緑グラフは典型的な右肩あがり。九州M4。最近、ここが乱れても地震が発生しにくくなってます。

茨城県の地磁気は
kk180706m.png
(同上)
0時の波が鋭いので日本M5。

 -- テレビ予知 (イベントは31日後、朝ドラは当日)--
 半分青い--ソケットほしい。詩を読む。手帳を忘れる。倒れる店長。帽子屋。

 ソケットほしいというのは松下幸之助さんの逸話です。松下さんはかけだしの頃、ソケットが入り用となり、近所の電気屋にもらいに歩き回りました。その時に、ソケットを幸之助さんにあげたのが、山野電器です。私の曽祖父の山野一郎です。三洋の傘下に入りましたが。若き日の松下さんを彷彿とさせる実にいいシーンでした。

またのお越しを
posted by たすく at 11:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする