2020年01月04日

記事『2020年、次の巨大地震はどこか 最新科学が警告する「南海トラフより切迫」のエリア~』の感想 地震予知 M4 岩手,青森,宮城 M3-4 東海・長野

地震予知(観測データ、確率20%)
M4 岩手,青森,宮城 M3-4 東海・長野

テレビ予知--確率10-15% (0)
1/5-8 M5-6 スラウエシ(ドラゴン)
1/5-8 雨、つむじ風
1/5-8 M5-6 ・千島カムチャッカ(滝と煙突)

 大阪は晴れ
 新年、やっとシャツを買いました。3着しかなかったので。1500円ほど。節約です。1/15の首都直下地震の防災は1月5日から書こうと思います。

正月2日の登山

横尾山 784m

これまでの地震
 1/3 M3.6 宮城県沖
これからの地震
世界 - アラスカで9時に強い波。南北をさすからアラスカでM5。もしくは環太平洋でM5-6
日本 - 日本の地磁気で9時に強い波が出てるから、日本でM5-6弱まで。大気電子は東北の北で減る。関東から東海でも減るので小笠原諸島でM4-5。茨城県のち電流でプラスの波が多い時は長野、東海でM4。

公式予知 世界 1月予定 (的中率 2-3%)
1月15-18日 M6.5 東京 (透視 15日)
1月19-23日 M6-7 アフガン (19日)
1月21-24日 M6 ニュージーランド (21日)

記事
『2020年、次の巨大地震はどこか 最新科学が警告する「南海トラフより切迫」のエリア~』(AERA.dot)について
アルマゲドン地震とは巨大なものをさします。学会でもそんな言葉が使われます。が、黙示録の言葉なので、あまり科学的ではありません。311もそれです。
 次は? 産業技術開発研究所の穴倉氏は千島海溝を指摘します。大地震前に潮位が天文予想より下がるそうです。地盤の沈下がその頃に大きくなるためです。それが根室で観測されます。千島海溝沿いは30年以内の発生率は40%に17年らか引き上げられました。
 そっか。千島海溝地震がやばいようです。北海道南岸はご用心です。
 
  黒松 20株セット \11495


 私の予知は皆様のご支援に支えられています。私は月の収入が3000円未満です。ご寄付があれば助かります。よろしくお願いします。

= 予兆(本日から明日朝、確率2-3割) =
 衛星磁場は大荒れです。
 
潮汐の危険日 1/3-5 10-13 16-20 22 24-28詳細

分布---アイリスより 11地域で多い。北イラン。マダガスカル。バンダ海4、クロライン。M5.5 ソロモン諸島、M5.5 千葉

分布予想 (的中 **)
 M5.5が2-3つ。大地震前の中規模。M6以上がありうる。

地球--衛星磁場は大荒れ。5-9時に大波。衛星電子は5-9時に波、9時に大波。ひだつき

世界の地磁気異常
9時にアラスカで南北をさす。アラスカか環太平洋でM5-6

TEC日本電子数地図の予想 隣県までエリア 試験中
状況-特に活発です。関東・東海の沿岸で減少がみられ、小笠原諸島でM4-5。

15分 (赤青境)
1日前- (青)青森沖 (赤青小帯)
2日前- (赤青境)稚内西 (赤青小帯)日向灘

60分 (濃青の中心,青帯の欠)
1日前- (濃青)宮城 岩手 日向灘 (青沖)東京湾
2日前- (濃青)神奈川 岩手(四国青) (青沖)千葉南沖

茨城県の地磁気は
kk20200103m.png

(気象庁観測データプロット)
10時にマイナスの波が出てます。これはアラスカでは瞬間的な波ですから、日本とは限りません。

茨城県の地電流は
kk20200103.png

9時にプラスの波。それは長野・東海に多い。その前によく波打つ。これは東北に多い。どちらか。

鹿児島は
kn20200103.png

0-9時の荒れはプラスのみで、東海から長野、和歌山のパターンでは?

 -- テレビ予知 (イベントは31日後、朝ドラは当日)--
スカーレット- 年末特番のためなし

またのお越しを
posted by たすく at 11:48| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする