2020年10月02日

『10月の潮汐から大地震を予想 最もやばいのは10月X日。次は21日←宮城沖大地震はこの日だよ!!』地震予知 M4-5 関東から東北沖

地震予知(観測データ、確率20%)
地震予知 M4-5 伊豆から東京湾か宮城県沖

テレビ予知 (詳細)--確率10-15% (0)

大阪は晴れ
 涼しい。秋晴れだ。10月の予知をメディアに通知しました。公式予知に昇格です。今月は宮城県沖の大きな地震を21日に予知してます。予兆などを調べてゆきたいと思います。このブログは見逃せません。

継体天皇陵陪家

高槻市

** 地震 **
 茨城県のち電流グラフがマイナスの波が5本で激しめだったのは10/1 M2.5 愛知県西部でしょう。規模は小さくなり、やや東京から遠くなりました。

10月の潮汐から大地震を予想 最もやばいのは10月X日。次は21日←宮城沖大地震はこの日だよ!!
 スーパームーに大地震がくると騒がれます。私は潮汐のどんな日に大地震が来たかを綿密に調べました。すると潮汐の流れが変わった日に9割が発生しました。これを潮汐の特異日とします。

今月はいつがそれでしょう。もっともやばいのはいつでしょう?
tide20201002.png

気象庁の図から
10/2-3 潮位が下がりはじめる
10/6 満潮位が下がり始める
10/10-12 満潮位が上がりはじめる
10/14-21 大潮とかいろいろ
10/24-27 潮位が上がり始める
10/29 潮位が下がりはじめる。

 今月も大地震になりうる日が多いです。この中で最も地震が強くなりやすいのは、10/6です。それまで満潮位が同じでしたが、下がりました。こういう日に地震が強くなりやすいです。

が、10/6には大地震は予知していません。宮城県沖は10/21と予知しています。それは大潮の直後でした。それは二番目に強い地震が起きやすい日です。

これまでの地震
上記
これからの地震
世界 - 11時前にアラスカで強く南をさす。マーキュリー諸島で強い波。環太平洋でM5-6
日本 - 鹿児島のち電流グラフ。方形波の底辺が傾く。福岡でM2-3

公式予知 世界 10月 予定(的中率 2-3%)
10月11-14日 M6.5 台湾・花蓮県 (透視は12日)
10月14-17日 M6-7 ミャンマー(16日)
10月21-24日 M6-7 宮城県沖 (21日)
 
 私の予知は皆様のご支援に支えられています。私は月の収入が500円未満です。ご寄付があれば助かります。よろしくお願いします。

= 観測データ(本日から明日朝まで, 確率2-3割) =
大地震のシーズンかも。
 
潮汐の危険日 詳細

分布---アイリスより 9エリアでふつう。M6.4 トンガ、M6.0 パプアニューギニア、NZ、アリューシャン列島。加州、メキシコ、チリ2

分布予想 (的中 **)
大地震のシーズンに突入。マグニチュード6.0があるので、明日にあるかも。

世界の地磁気異常
11時前にアラスカで強く南をさす。マーキュリー諸島で強い波。環太平洋でM5-6
15-17時に露DIX,AMDで上をさす。日本でM4-5

茨城県の地磁気は
kk20201001m.png

(気象庁観測データプロット)
12時に大きく下がる。ラフなので海外。青いグラフが15時の小波がやや下がる。これがM4後半の関東から東北沖。

茨城県の地電流は
kk20201001.png

昼の波は地磁気のためで海外。

鹿児島は
kn20201001.png

方形波でてっぺんが傾く。福岡あたりで、M2-4

 -- テレビ予知 (イベントは31日後、朝ドラは当日)--
エール - 非国民。喫茶店やめる。

またのお越しを
posted by たすく at 12:45| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする