2021年12月22日

日本海溝・千島海溝沿いの巨大地震の犠牲者19万人は多くない? 地震予知 M4-5 北海道、沖縄、小笠原諸島

地震予知 M4-5 北海道、沖縄、小笠原諸島

テレビ予知 (詳細)--確率10-15%

大阪は曇り
 水曜は料理当番。塩鮭をやいた。ややうまかった。
 水槽に水草を植えた。まだ小さい。これから繁茂する。貝は琵琶湖のたにし。魚が泳いでなくて、寂しい。今日はお天気がよくない。いずれ、近所の川からとってこよう。

部屋のアクアリウム
 
** 地震 **
日本海溝・千島海溝沿いの巨大地震の犠牲者19万人は多くない?
内閣府は東北から北海道にかけてM9クラスの地震が発生した場合の被害想定を12月21日に発表した。このニュースはわかりにくかった。私は疑問があり、原文を読んだ。解説する。

 震源は3つで、北海道がマグニチュード8クラスで最大。ここが起点となり、連動して青森と岩手県沖が揺れる。東北はM7.0-7.5ほど。全体でM9となる。震度は6強だ。この想定は悪くない。宮古市で30mの津波はよい。三陸のリアス式海岸で湾の奥は狭く津波が高くなる。が、八戸市の26.1mは高すぎる。そこは海に面した場所。東日本大震災で福島を襲ったものは10mだった。津波の高さは疑問。

 想定された死者数が19万人と膨大。ほとんど津波によるものだ。 冬の夜の地震で避難が遅れるため。津波で衣服が海水につかる。動けないと冬の氷点下、低体温症で10-18時間で死に至る。しかし、東日本大震災でも津波の犠牲者は2.5万人くらい。人口が少ない岩手北から北海道でこの犠牲者数は過大だ。311を知った太平洋沿岸の住民は津波が発生すると一目散に逃げるだろう。津波の犠牲者は1万人でも多いくらいだ。それを19万人近くに嵩上げした。犠牲者の多さを印象づけたかったのだろう。が、あまりに非現実的なのはいけない。

 これは実証的なシミュレーションとはいえない。現実離れしたものでは市町村が対策のしようがない。なお、冬の首都直下地震は火災により被害者数は十万単位となる。それは2月に。そちらの計算でこの数字を出してほしかった。

『巨大地震で死者19万9千人 北海道・東北沖の海溝型 国が新想定』(産経新聞)

12/21 M4.4 バンダ海南とあり、M6.0以上を予想した。発生したのは12/22 M5.9 アラスカ。小さめだった。

これまでの地震
12/21 M4.9 国後島付近
これからの地震
世界 - 14時にアラスカで南をさす。これが21日の最大。世界でM5-6、19時に露AMDで上と南をさす。沖縄と台湾でM5
日本 - 茨城県の地磁気は2時によく下がる。M4-5 北海道、沖縄、小笠原諸島

公式予知 世界 12月 (的中率 2-3%)
12月6-8日 M6-7 エルサルバドル (透視は7日)→失敗 12月9日 M6.1 トカラ列島近海
12月17-20日 M6 中国・青海省 (18日)→12月19日 M5.6 青海省
12月26-29日 M6-7 バヌアツ (26日)

 私の予知は皆様のご支援に支えられています。私は月の収入が1000円未満です。窮地です。ご寄付があると余裕をもって活動できます。よろしくお願いします。

= 観測データ(本日から明日朝まで, 確率2-3割) =
茨城県の地磁気に強い地震の兆候。

潮汐の特異日 12月
20-21, 26-29

分布 - アイリス13地域でふつう。イラン、ミャンマー、ミンダナオ、フローレス海、フィジー、伊豆諸島・北海道、M5.9 アラスカ、加州沖、グアテマラ、ハイチ、チリ、サンドイッチ諸島、大西洋中

分布予想 (1-3割の確率)
特にない。

世界の地磁気異常
14時にアラスカで南をさす。これが21日の最大。世界でM5-6
14時に露TIX,DIXで南と上をさす。日本でM5
19時に露AMDで上と南をさす。沖縄と台湾でM5

茨城県の地磁気は
kk20211221m.png

(気象庁観測データプロット)
 2時に強く西をさす。M4-5 北海道、沖縄、小笠原諸島

 -- テレビ予知 (約31日後,朝ドラは当日に現実化)--
カムカム・エブリバディ - 寝込む、少女。駅前。傘。川辺と女

昨日はツボ売りをみかけた。インド北西で1ヶ月後の1月21日頃に地震。

またのお越しを
posted by たすく at 12:40| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする