2022年05月01日

6月の予知をネットで最初に発表!! スマトラ大地震とイタリア中地震 地震予知 M4-6 日本

地震予知 M4-6 日本

テレビ予知 (詳細)--確率10-15%

大阪は雨
 お金がなく,そんなに動き回ることはできない。雨だが,みなさんはGWを楽しく過ごしてくれ。
 
 俳句
 雨がふる 貧乏に泣く おやつなく

** 地震 **

4月の予知の結果
私は下記を予知した。奇跡の全部外し。ありえないことが起きた。

4月7-10日 M7 メキシコ中部 (透視は8日)
4月27-30日 M6-7 福島県沖 (27日)
4月27-30日 M8.3 東京 (29日)

4月の大地震は4月21日 M6.7 ニカラグア。他は小さかった。メキシコと福島,東京の3つが外れた。近年になく,絶不調だった。私は平均的に半分の予知を成功するが,日と地域の何も当たらなかったのは稀だ。

最新予知 2022年5月
 5月最大の地震は2日のスマトラ中部だ。イタリアはM5でそんなに大きくはない。

5月1-3日 M7 インドネシア・スマトラ島中部 (透視は2日)
5月18-21日 M6-7 キルギス (19日)
5月25-28日 M8.3 イタリア (25日)

5月1-3日 M7 インドネシア・スマトラ島中部 (2日)
5月最大の地震を透視すると,スマトラ島中部と5月2日が見えました。被害はAir Petai, Kec. Putri Hijau, Kabupaten Bengkulu Utara, Bengkulu 38326 インドネシアの砂浜あたりです。透視の誤差は前後1日です。期間は5月1-3日です。

5月18-21日 M6-7 キルギス (19日)
4月17日放送のアニメ・プリキュアに「学校」と「パンダ」が描かれました。両者は中国のシンボルです。透視すると中国の隣国,キルギスタンと5月19日が見えました。4月17日の31日後は5月18日です。誤差は+3日です。期間は5月18-21日です。

5月25-28日 M5-6 イタリア (25日)
4月24日放送のアニメ・ワンピースに山の谷が描かれました。それはイタリアのシンボルです。透視するとバチカンと5月25日が見えました。4月24日の31日後は5月25日です。誤差は+3日です。期間は5月25-28日です。「Chiesa dei Santi Crisante e Daria」の周辺が壊れる。イタリア ラクイラ県のFilettoという山村の北が揺れる。

以上

      
予知の結果
「M5以上 日本・台湾」と予知して,M4.2 京都だった。日本国内はどこかは地磁気からつきとめにくい。

 これまでの地震
 4/30 M4.2 京都府南部。ここ大阪北部も揺れたはずだが,感じなかった。

これからの地震
世界 - 10時にアラスカで南をさす。太平洋でM5-6
日本 - 15-16時にアラスカ・バローで南をさす。その波はヘビ型の波形。日本でM4-6

 公式予知 世界 5月 (的中率 2-3%)

 私の予知は皆様のご支援に支えられています。私は月の収入が1000円未満です。窮地です。ご寄付があると余裕をもって活動できます。よろしくお願いします。

= 観測データ(前日のデータから予想 明日朝まで確率2-3割) =
4/30に太陽の右後ろでX1.1フレアが発生。黒点2994からだった。

潮汐の特異日 4月

分布 - アイリス13地域でふつう。南イラン,インド洋中,インド洋南,アンダマン,南西スマトラ,スラウェシ,バンダ海,京都,フィジー,アラスカ,中米,ドミニカ,チリ,サンドイッチ諸島

分布予想 (1-3割の確率)
 インド洋2つ,アンダマン,スマトラとここいらに多いと,スマトラ辺りが危うい。M4 バンダ海から世界でM6以上。

世界の地磁気異常
10時にアラスカで南をさす。太平洋でM5-6
15-16時にアラスカで南をさす。バローは波が多い。日本でM4-6
2-3時に露AMDで上と南をさす。沖縄・台湾でM4-5

衛星電子(GOES 電子/cm2 s sr, 16青-大西洋側 17赤-太平洋側)
 0-10時に0~100個と減少 - M6の確率はやや低め

茨城県の地磁気は
kk20220430.png
kk20220430.png

(気象庁観測データプロット)
 一昨日29日の全日,赤グラフにノイズが出た。30日は前半に間欠的なノイズが出た。8時の波は青いグラフが波がない。日本でM5

 -- テレビ予知 (約31日後,朝ドラは当日も)--
ちむどんどん -

日曜の仮面ライダーで水族館に遊園地,松原と。これは首都直下地震直前のシンボルだ。それは6月のはじめらしい。

またのお越しを
posted by たすく at 12:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする