2022年06月06日

記事『地震雲・地鳴り・犬猫が暴れる…「宏観異常現象」で地震予知はできる?』について 地震予知 M5 沖縄

テレビ予知 (詳細)--確率10-15%
6/1-4 M5-6 福島(サメ、松林の海)
6/1-4 M5-6 中米(海がけ)
6/1-4 火山?アリューシャン(風林火山、大きな男)

大阪は雨
 風が強い。ビュービュー吹く。

6月の最初の予知が外れたか。ペルーは6/3-6で今日までだが、大きな地震は6/1 M5.9 四川か6/5 M6.3 アリューシャン列島だった。おかしい。透視の障害を1つずつつぶしていかなくては。

川柳
 おばばがいる みえないけれど 若顔で  天の国から あいさつにきた

** 地震 **

記事『地震雲・地鳴り・犬猫が暴れる…「宏観異常現象」で地震予知はできる?』(日刊ゲンダイ)について
 宏観現象は地震前の異常な自然の現象をさす中国語だ。動物が吠える、ナマズと鯉が暴れる、異臭がする、地下水が変化する、地震雲、珍しい深海魚がみつかるといったケースがある。この記事では様々なものから、予兆でないと判明したものを紹介する。

 味の漁獲量は無関係。リュウグウノツカイは水温低下が原因で、東海大学の研究では迷信と結論づけられた。ナマズは地震前に暴れたのは全体の3割で不明。気象庁は地震は大地、雲は空の現象として否定。全体的に否定的なニュアンスで取り上げる。が、それで地震を騒ぎ、防災意識を高めるなら、それでいい、という。

 宏観現象は現時点、統計で前兆と確認されたものはないという状況を伝える記事である。私は雲の一部は地震の前兆と思っている。地震前に断層面からイオンが噴出して、それが雲を形成すると考えるため。地震前の電磁波が雲の形を変える可能性も考えられる。それらメカニズムそのものが完全否定されたわけではない。

 宏観現象は間接的に大地の異常をみつける方法だ。今は科学の時代だ。地震は直接、大地を調べて予測したい。精密に地磁気や磁場、イオン濃度を測定するだけで、地震は予測できる。なにしろ断層の破壊前にとてつもなく圧力が高まり、電流が発生するのは確かだ。地下の観測網を整えることが先決だろう。すると、宏観現象みたいな犬猫ナマズに頼らなくていい。そんな風説を信じる状況も打開できる。いまだ宏観現象の真偽を確定させられないのは科学が未熟故だ。早めに解明しよう。

 これまでの地震
6/5 M4.7 八丈島東方沖

 これからの地震
世界 - 18-19時にグリーンランドで北、アラスカ南。太平洋でM6。ペルーか?
日本 - 20時に露TIX,AMDで上と南をさす。日本から沖縄でM5

 公式予知 世界 6月 (的中率 2-3%)
6月4-6日 M6-7 ペルー (透視は4日)
6月8-11日 M7 インドネシア・スマトラ島南部 (10日)
6月22-25日 M6-7 日本・宮城県沖 (24日)

 私の予知は皆様のご支援に支えられています。私は月の収入が1000円未満です。窮地です。ご寄付があると余裕をもって活動できます。よろしくお願いします。

= 観測データ(前日のデータから予想 明日朝まで確率1-3割) =
 分布が平行2列。ヨーロッパから日本までにみられる。その間でM6以上。

潮汐の特異日 6月
6/6-7, 9-10, 16-17, 21-24, 29-30

分布 - アイリス13
地域で少ない。アルバニア-ウイグル-八丈島、エチオピア-ニコバル-ミンダナオ。千島、アリューシャン、カナダ、トンガ、マーキュリー諸島、ドミニカ、アルゼンチン西

分布予想 (1-3割の確率)
 アルバニア-ウイグル-茨城県、エチオピア-ニコバル-ミンダナオ。平行2列。世界でM6以上。

世界の地磁気異常
18-19時にグリーンランドで北、アラスカ南。太平洋でM5-6
20時に露TIX,AMDで上と南をさす。日本から沖縄でM5

衛星電子(GOES 電子/cm2 s sr, 16青-大西洋側 17赤-太平洋側)
 6/5に全日で1000以上と多い。6時は大西洋で南。M6以上は少ない。6時の波はM5-6か

茨城県の地磁気は
kk20220605m.png

(気象庁観測データプロット)
 0時前に東をつよくさす。北海道、小笠原諸島、沖縄でM5。ノイズがみられる。1日め。

 -- テレビ予知 (約31日後,朝ドラは当日も)--
ちむどんどん - おでん屋、味が違う。しょうゆが多い。

またのお越しを
posted by たすく at 12:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする