2022年06月19日

記事『「東京都庁舎サイズの火柱」が都民を襲う…~』について 地震予知 M4-5 東北・関東・沖縄

テレビ予知 (詳細)--確率10-15%
6/22-25 M6-7 宮城県沖(がれき)
6/22-25 M5-6 ペルー(かべのめりこみ)
6/22-25 たつまき(大たつまき)

大阪は曇り
 昨日は、茨木の山でハイキングした。歩き疲れ。隠れキリシタンの里を抜けて、茨木の滝を見て、山を徒歩した。景色はあまりよくなかったが、軽い気分転換になった。


竜仙滝 茨木市

** 地震 **

記事『「東京都庁舎サイズの火柱」が都民を襲う…首都直下地震で起きる"想定以上"の大災害』(プレジデント社)について
 関東大震災で高さ200-300mの高さの炎の渦、火災旋風が移動し火災を広げたという。それは東京都庁舎の高さだ。木造住宅が密集する西部に大火が想定されるという。陸軍被服廠の空き地に襲来し、3万8000人の犠牲者を出した関東大震災の火災旋風の怖さをかなりのスペースで紹介する。が、私は巨大な「火災旋風」を地震リスクの1つに含める必要はないと考える。

 小さな火災旋風を起こす実験はある。また自然現象でもよくみられる。が、火災旋風はまっすぐ上空に伸びるのが基本だ。それは煙を燃料とするため、昇る煙がたなびかない地上付近は危なくない。関東大震災は台風通過直後に起きたため、強い風が吹き、炎の渦が倒れたのだろう。それは蛇のように、倒れて襲ってきたという証言がある。

 が、大火災が心配されるりは冬だ。関東は木枯らしが強くない。火災旋風が倒れることによる延焼や被害はさほど恐れることはない。関東大震災が発生した台風シーズンの9月とは状況が異なる。 

 これまでの地震
6/17 M4.2 青森県東方沖
これからの地震
世界 - 3時にグリーンランドで南を強くさす。アラスカで北をさす。中南米、ヨーロッパ・西アジアでM5-6
日本 - 24時に露TIX,AMDで南をさす。日本から沖縄でM4-5

 公式予知 世界 6月 (的中率 2-3%)
6月4-6日 M6-7 ペルー (透視は4日)→6/8 M6.5 ブラジル西
6月8-11日 M7 インドネシア・スマトラ島南部 (10日)
6月22-25日 M6-7 日本・宮城県沖 (24日)

 私の予知は皆様のご支援に支えられています。私は月の収入が1000円未満です。窮地です。ご寄付があると余裕をもって活動できます。よろしくお願いします。

= 観測データ(前日のデータから予想 明日朝まで確率1-3割) =
 3時の地磁気の波、グリーンランドで南をさした。今はやりの南米か?

潮汐の特異日 6月
6/16-17, 21-24, 29-30

分布 - アイリス10地域でふつう。イラン、ウイグル、プリンスエドワード島、スマトラ、台湾、バヌアツ-ケルマデック、カムチャッカ、カリフォルニア湾、コロンビア-エクアドル沖、チリ

分布予想 (1-3割の確率)
 まばら。2日後に大地震が多い

世界の地磁気異常
3時にグリーンランドで南を強くさす。アラスカで北をさす。中南米、ヨーロッパ・西アジアでM5-6
24時に露TIX,AMDで南をさす。日本から沖縄でM4-5

衛星電子(GOES 電子/cm2 s sr, 16青-大西洋側 17赤-太平洋側)
 電子数は100未満。10時移行は100前後。M6以上はふつう。

茨城県の地磁気は
kk20220618m.png

(気象庁観測データプロット)
 微細な波がみられる。連日あるとき、大きな地震はない。波が2日続いた場合のみ。前兆とする。空色のグラフが0時に強く南をさす。東北・関東でM5

 -- テレビ予知 (約31日後,朝ドラは当日も)--
ちむどんどん - 土曜 まとめ

またのお越しを
posted by たすく at 12:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする