2017年04月04日

『ジョセフ・ティテル2017年の予言が絶望的すぎる「日本の山間部で“歴史的な地震”も近い」』について『4/4 M6.5 ボツワナ アフリカ南部で最大級の地震』、予知-M3-4 九州

予知--M 3-4 九州(観測データ)
ペルー、韓国、北海道西沖、ロイヤリティ諸島、スラウェシ
3/31-4/3 M5-6 ジャワかスマトラ島(ぞう、ドラゴン、氷平原、津波)
4/2 M5-6 中米(海と岬)
4/2 M4-5 台湾 (山の中の町、小岩)
4/5 M5-6 熊本(日本の門と橋、よっぱらい、ねこベンチ、酒のみ-熊本)
4/5 M5-6 インドネシア(太った象、石切場と湖 象から落下)

 大阪は晴れ

 4/4 M6.5 ボツワナ
 アフリカ南部で最大級の地震です。小さな揺れでもすぐ建物が倒れるアフリカでも、幸い過疎地だったため、被害がごくわずかです。「EXPRESS 4/4
 Mクラスフレアが連続発生で、世界で大地震が起きやすい状況。やばい。というのが現実になりました。これは4月3番めの地震です。

 昨日、透視し直しました。それがよく当たっていて、4月3番目の地震は4/4頃でした。日はぴったりでした。場所はまだ難ありです。4月の予知はそちらに変更します。期間が変わります。

 日本の4月の地震は後半に熊本で強いのがありますが、被害はごくわずかでしょう。他はそれ未満です。

公式予知
1, 4月7-10日 M7 パヌアツかソロモン諸島
2, 4月14-17日 M6-7 ペルー
3, 4月4-6日 M5-6 イラン →ミス 4/4 M6.5 ボツワナ
 
日本は、
1, 4月28日 M5 熊本 熊本は8/5-8かも
2, 4月25日 M5-6 千葉北
3, 4月14日 M5-6 福島県沖   

地震記事
『ジョセフ・ティテル2017年の予言が絶望的すぎる「日本の山間部で“歴史的な地震”も近い」』(TOCANA 4/4)
 書き直したもののです。地震予知の記事は減りましたから、ありがたいです。サイキックの彼は、2017年に大地震を予言しました。列挙しますと、

「ジャマイカの大地震」
「インド、チリ、NZ、オーストラリアでも可能性」
「世界で3つの巨大地震で、一つは大津波を伴う」
「インドのリスクも極めて高く、M8規模の巨大地震と津波が襲う」
「日本の上半分の人口が少ない山間部」

 たくさんあります。インドで津波が伴うものは、アンダマン諸島しかありません。ジャマイカはかつて大地震があったハイチの近くです。日本は、東北の内陸です。私が10月に予知するものは東北沖です。内陸の大地震は極めて少ないです。そんな成功しがたい予言をあえていう彼はチャレンジャーです。見えただけで、地震予知できるなら、かなり楽です。
 
KORG X5D X-5D キーボード 34400円


 寄付のお願い。私の予知は皆様のご支援に支えられています。私は月の収入が2万円未満です。寄付をお願いします。

== 今日の地震予知 (本日から明日朝までの地震)==
 観測データの予想通り、内陸で強い地震でした。今日はアラスカが注意です。韓国に電離層異常がありました。2-3日中にありそうです。

 分布---アイリスより。11地域。M6.5 ボツワナ M5.2 南アフリカ、インドネシア、シベリア、トルコ、ドミニカ、NZ

 電離層の異常(たなびく地点、日本は色がついたケース)
 ペルー、韓国、北海道西沖、ロイヤリティ諸島、スラウェシ
地球---衛星磁場はやや荒れ。衛星磁場は11時に波。磁気嵐は-時に波。

世界の地磁気異常
1,11時の大波はアラスカで特異。
2, 14-15時の波は露PBK,TIX,DIXで上をさす。

日本--14時の波はM4-5

茨城県のち電流は
kk170403.png
(気象庁観測データプロット)
途切れた。8時に波。小さな波が続くから北海道M3-4。鹿児島は8時に波。九州M3-4。

茨城県の地磁気は
kk170403m.png
何もない。

 -- テレビ予知 (イベントは31日後)--
 ひよっ子--ビル建設で天井崩れ。電話する。夜の外出。
  
 またのお越しを
posted by たすく at 11:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448715072
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック