2017年07月17日

『鹿児島湾地震のときと同じように、九州の地磁気が異変、九州で強い地震?』予知--関東から島根までM4-5。東北沖? 九州 M4-5

『鹿児島湾地震のときと同じように、九州の地磁気が異変、九州で強い地震?』予知--関東から島根までM4-5。東北沖M4-5

予知 (7月の成功数)
地磁気・地電流・分布 (0)
関東から島根までM4-5。東北沖M4-5
テレビ予知 (2)
7/15 大雨 (竜)
7/16 M4-6 日本(コンテナ 港の倉庫)
7/16 M5-6 チリ(カエル)

 大阪は晴れ
 
 世界的に大きな地磁気の波が発生しました。日本の地磁気も乱れてます。12時の波ですが、もっとも大きいのは、鹿児島です。M4-5は、九州周辺でしょう。

 4/16 M3.1 愛知県西部
 私の透視と2日違いです。ここが明日に大きくなるのでしょうか。観測データにはなにもありません。

『鹿児島湾地震のときと同じように、九州の地磁気が異変、九州で強い地震?』
 鹿児島地震の前日、地磁気に大きなマイナスの波がありました。九州が波の高さが最大でした。今日も、地磁気に大きな波です。鹿児島の観測所のものが最大となりました。これは九州でやや強い地震?

茨城県の地磁気は
kk170716m.png
(同上)
13時に大きく落ち込む。鹿児島で顕著なので、九州周辺でM4-6。

鹿児島は
kn170716m.png
 13時の波は低いようですが、単位が150ntと1.5倍です。日本で鹿児島の波が最大です。九州でM4-5を予想します。

 テレビ予知の「倉庫」は熊本地震や、鹿児島地震の時もあり、九州のサインです。九州で強い地震のようです。

公式予知7月
世界 (前後1-2日)
1, 7月5-8日 M6.2 イタリア中部 → 失敗 7/7 M6.5 レイテ島
2, 7月13日(15日も) 約M7 チリ中北部 → 暫定 7/13 M6.4 パプアニューギニア
3, 7月17日頃 M6.0 中国甘粛省

日本
1, 7月7日 M5.5 千葉県北部 → 7/7 M4.8 福島県沖。7月最大にしては小さい。
2, 7月4日 M5-6 種子島周辺 → 日を外す 7/11 M5.2 鹿児島湾
3, 7月27日 M4後半群馬県

再透視--しばらく併記します。どちらが正確か?
 7月残りの日本
1, 16日 M5-6 福島 → 日はミス
2, 18日 M4-5 愛知県西部 この地域はM4後半です。
3, 30日 M5-6 岩手県沖

 世界
 7/13 M6 パキスタン → 7/13 M6.4 パプアニューギニア
 7/30 M6.5 フィリピン(7/14修正)

 地震記事
      
月といもうと さねよしいさ子


 寄付のお願い。私の予知は皆様のご支援に支えられています。私は月の収入が1万円未満です。ご寄付をよろしくお願いします。

==  今日の予兆・前兆(本日から明日朝までの地震)==
 地磁気が大荒れです。愛知県で地震が来てもおかしくない状況です。が、九州のほうが可能性は高そうです。

 分布---アイリスより。8地域。スバルバード、アフガン、四川。トンガ、中南米。

電離層の異常(顕著なもの)-- アフリカ中西部、ギリシア、台湾
地球---衛星磁場は大荒れ。衛星磁場は6時に波。衛星電子は8.13時に波

世界の地磁気異常
1, 11時にアラスカで南、露TIX,DIXで上、日本周辺M4-5

地震の法則 (UTC)
アラスカ2つで強い南向きの波でM5-7→ 11時の波
高緯度の地磁気が北をさすとM5.5以上→ アラスカ ノルウェー ○
比プレートが分布の中心になるとM5.5以上→ ×
太平洋西で地震が集中すると、中南米で大地震→ ×
DIXONでH-,E+,Z+は日本で強地震(2波は確率大) → ×

日本--11時の波がM4-5、DIXON判定では強い地震がない

茨城県のち電流は
kk170716.png
(気象庁観測データプロット)
6時に大きく下がる。これは地球のセクターが変わったことによる地磁気の変異。が、マイナス。関東から島根までM4-5。9-13時はプラスの波で、東北沖M4-5。

 -- テレビ予知 (イベントは31日後)--
 ひよっ子--一目惚れ。
 
またのお越しを
posted by たすく at 09:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック