2019年02月11日

『日本沿岸で発見相次ぐ「地震の前兆」とされる魚の伝説』について、『大量のモンゴウイカがチリ北部の浜に漂着。地震の予兆?』、予知 - M5 千島か小笠原諸島、M4九州

『日本沿岸で発見相次ぐ「地震の前兆」とされる魚の伝説』について、『大量のモンゴウイカがチリ北部の浜に漂着。地震の予兆?』、予知 - M5 千島か小笠原諸島、M4九州

予知(観測データ、確率1-2割) (2)
M5 千島か小笠原諸島、M4九州

テレビ予知--確率5-10% (5)
2/10-13 M6 オセアニア(神殿)
2/13 M4-5 たつまき(鉄橋と都市とたつまき)
2/13 M4-5 鳥取(鉄橋と都市砂浜で大勢の人)
2/13 M6-7 オセアニアかインドネシアで大地震(砂浜で大勢の人 海の岩礁で津波)

大阪は曇り。
 朝は雪が降り、少し積もってました。が、昼に消えました。頭痛で午後3時まで寝込んでました。ほんと、ひどいです。今日中に起きて、動けたものの。

近所の雪

池田市

2/10 M4.8 奄美大島近海。震度4。大丈夫ですよ。

公式予知の 2月(的中率 2-3%)
2月15-18日 M7 インドネシア・北スラウェシ(最新は12日)
2月21日 M5-6 イタリア中部
2月22-25日 M5-6 北海道(最新は2/24 岩手県沖・三陸沖)

結果
2月1-4日 M5-6 イタリア中部→ミス。日が誤り

記事
『日本沿岸で発見相次ぐ「地震の前兆」とされる魚の伝説』(Forbes)
 昔は、ナマズと騒ぐことが地震の予兆とされてました。が、今ではリュウグウノツカイです。しかし、科学的に地震の前兆だという論はないようです。これからは、関東はナマズですね。ナマズやコイがある日、たくさん池で釣れるようになったら、翌日に地震です。

『大量のモンゴウイカがチリ北部の浜に漂着。地震の予兆?』
 詳しくはわからないのですが、日本あたりもリュウグウノツカイが捕獲されてますが、チリ、ペルーも様子がおかしいようです。私は現時点、今年は南米の大地震を把握してませんが、また調べてみます。
 参考『Miles de jibias vararon en las costas de Bahía Inglesa y Caldera, será un presagio de un terremoto』(ELINFORMADOR)

  ゲッケイジュ(amazon)


 私の予知は皆様のご支援に支えられています。私は月の収入が5000円未満です。ご寄付をよろしくお願いします。

= 予兆(本日から明日朝、確率2-3割) =
2/12 インドネシア、北スラウェシ島でM7を予知してますが、前兆はありません。
 
潮汐の危険日 - 2/10-17,20-21,23-28 詳細

分布---アイリスより。11地域でふつう。イラン、スマトラ、バリ、ミンダナオ島、フィジー3,奄美大島、アラスカ、バンクーバー、中米、ベネズエラ、チリ。

地球---衛星磁場はややあれる。8時に波。衛星電子は6時に波

世界の地磁気異常
14.19時の波は露PBKで南と上が強い。千島周辺M5

茨城県の地磁気は
kk190210m.png
(気象庁観測データプロット)
5-6時に鉛直成分の波が強い。小笠原諸島に多い。が、北海道のち電流もこの時間に強い反応。北海道か小笠原諸島でM5-6

地電流は
kk190210.png
やや波打つ。マイナスが多い。どこだろう。

鹿児島は
kn190210.png
2時にあがる。18時に段差。鹿児島か沖縄の島々でM4

 -- テレビ予知 (イベントは31日後、朝ドラは当日)--
 まんぷく- あげる。阪大の先生。褒められる。

またのお越しを
| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。