2019年03月15日

『震災で火事になりやすいテレビ局をみつけた。どうやって見分けた?』, 『次の東日本大震災まで12日 - 渋滞を避ける』 予知 - M4 長野南か和歌山、台湾M4-5

『震災で火事になりやすいテレビ局をみつけた。どうやって見分けた?』, 『次の東日本大震災まで12日 - 渋滞を避ける』 予知 - M4 長野南か和歌山、台湾M4-5

予知(観測データ、確率1-2割) (3)
M4 長野南か和歌山、台湾M4-5

テレビ予知--確率5-10% (0)
3/13-16 M5 千島・カムチャッカ(だむ壁)
3/13-16 M3-5 日本と長野(社、隕石穴、棒ささる男、池)
3/13-16 M4-5 台湾(溝攻撃、社、小岩)
3/13-16 M5 NZ(二段崖)

大阪は晴れ
 いい天気です。やや寒いです。梅も散り始めました。今日もどこかにおでかけしたいです。
 大震災が近いと手紙も久々に出しました。あと12日、私一人ができることはそんなに多くないです。
 昨日、伏尾台の南斜面に鹿を人久々に見かけました。ということは、和歌山方面で地震かな?

角がとれました

いつもの鹿--のんびりべぇ

震災で火事になりやすいテレビ局をみつけた。どうやって見分けた?
 昨夜から、どのテレビ局が燃えるか。わかるようになりました。スタジオが黒い橙色のもわもわの光沢が感じられました。それが、燃える部屋です。人も、そんな黒橙色の光を放つ人が、燃える危険がある人です。数人みかけます。これは、霊感ではなく、見た目です。色彩に敏感な美術関係者なら、簡単に見分けられます。

 今朝、確認すると、そのモワモワ感は大阪で数字の上のほう東京2局に感じられました。一つは湾岸の単独ビル。内部の出火なので、適切な消火で防げます。もう一つは隣接するビルからも燃えうつります。これも消火しだいではなんとかなります。というわけで、実際は、視聴率が高いほうのテレビ局を火から守ることが勝負となります。

 地震が26日で火災が27日午前とすると、昨日は14日の夜。13日前に、もわもわ感が半端なく現れるということがわかりました。

 3月26-29日 東日本大震災の詳細

次の東日本大震災まで11日 - 大渋滞を避ける
 3/26 M8 宮城県沖は午後7-11時、3/27 千葉沖の首都直下地震は深夜0-4時とします。予想ですので、日時がずれる可能性はあります。

 地震が来てから車で逃げているようでは、都市部では大渋滞に巻き込まれます。だから、地震が来る前に、火の気のない郊外に車で移動して、適当な場所で待機しましょう。太平洋沿岸では安全な高台に。
 都市部では延焼があります。渋滞で車が動きません。そこに火災が襲います。車を捨てて、逃げることになります。車は予め、郊外に置いておきましょう。歩いてそこまで避難します。

公式予知の 3月 (的中率 2-3%)
3/20-23 M5-6 台湾南部 台南市
3/25-26 M4-5 鳥取
3/26-29 M9 東日本大震災&首都直下型地震
3/27-30 M7 インドネシア・スマトラ島南西沖

結果
2月22-25日 M5-6 北海道、釧路→ほぼ的中 1日ずれ、釧路から遠い。

記事
 
  ゲッケイジュ(amazon)


 私の予知は皆様のご支援に支えられています。私は月の収入が4500円未満です。ご寄付をよろしくお願いします。

= 予兆(本日から明日朝、確率2-3割) =
 茨城県県のち磁気はM5の予兆。世界の地震分布では日本に発生しやすい。
 
潮汐の危険日 - 14-15,17-18 詳細

分布---アイリスより。10地域でふつう。日本の東から左に>型分布。福島-青海省-アフガンのライン。マリアナ-ミンダナオ-北スマトラのラインで。パプア、サンタクルーズ諸島、グアテマラ-パナマ、チリ

地球---衛星磁場は荒れる。5時に波。衛星電子は5時に波

世界の地磁気異常
6時の波はカナダで南、中南米でM5
12,14時の波はアラスカで南。NZで北、オセアニアでM5-6
20-21時の波は露AMDで上、台湾M4

茨城県の地磁気は
kk190314m.png
(気象庁観測データプロット)
14時の波は日本でM5。

柿岡の地電流は
kk190314.png
12時にあがる。14時に下がる。よく波打つ。2017年6月24日の長野南M5の前日と似てますが。長野とします。これで和歌山というのもありました。

鹿児島は
kn190314.png
鹿児島はノイズが減り、きれいです。台湾M4-5。日本でM5かも。

 -- テレビ予知 (イベントは31日後、朝ドラは当日)--
 まんぷく- フリーズドライの論文、恋人がいるのを言わない、

またのお越しを
posted by たすく at 11:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。