2019年07月08日

島根の浜に巨大なダイオウイカ,『京大教授が警告! 20年に首都直下地震の衝撃データ』について、予知 - M4 九州

島根の浜に巨大なダイオウイカ,『京大教授が警告! 20年に首都直下地震の衝撃データ』について、予知 - M4 九州
地震予知(観測データ、確率10-20%) (1)
M4 九州

テレビ予知--確率5-10% (0)
7/7-10 M5-6 千島からアリューシャン列島(城と雪、城雪)
7/7-10 M5 ミャンマー(馬と孔雀)

大阪は晴れ
暑いので朝から扇風機を回してます。梅雨は開けたかな。晴れ空がつづきます。

願いは一つ。景気よくなること。私の。

七夕 川西アステ

7/8 M6.9 モルッカ海、 『インドネシア沖でM6.9の地震、一時津波警報』(AFP)
7/7 M3.0 福岡県北西沖M3.1 熊本地方

 あまりにさえないので、7月の予知、世界の地震の残りを、調べ直してみますね。

島根の浜に巨大なダイオウイカ
『ダイオウイカ、隠岐の海岸に漂着 「巨大な現物に興奮」』(朝日新聞)
 隠岐でイカですか。私は高校生の修学旅行で隠岐で獲りたてのイカ食いました。漁師がよく言うのですが、魚で一番おいしいのは、獲りたてのイカです。まったくぬるぬるせず、コリコリしてました。絶品でした。この白いダイオウイカはまずそうです。地震? 島根や富山は深海魚がとれたあとにM3が多いです。

公式予知 7月 (的中率 2-3%)
7月14-17日 M6-7 千島(カムチャッカ半島)
7月26-29日 M6-7 バヌアツ
7月27-30日 M6.3 台湾南部(台南)

 日本 7月の5大地震 前後3日
7/7 M5.5-5.8 千葉北 No.2
7/12 M4 浜松 No.4
7/17 M5-6 根室沖 No.3
7/20 M5-5.8 胆振地方 (7/18が満月の翌日)
7/27 M4-5.2 千葉県南沖 No.5

記事
『京大教授が警告! 20年に首都直下地震の衝撃データ』(FRIDAY)について
鎌田浩毅京大教授は、11年の東日本大震災から『大地変動の時代』に入っていると考えます。平安時代にそうなった時は869年貞観地震、9年後の878年に内陸直下地震(相模・武蔵地震)が起きました。これを現在にあてはめる、貞観地震の再来と言われた311の9年後の2020年、関東で大地震、という説を唱えます。
 ここに何度も紹介したものです。冬の夕方で震度7になると、 犠牲者2.3万人、経済被害は112兆円になります。彼は地震の被害を少しでも減らすことを目指します。

 平安のパターンが現代にも必ず再現されるとは限りません。地震はなまものですから。とはいえ、興味深い説です。私もそろそろ首都直下地震が起きると考えます。大火で10万人がなくなる東北-首都圏連動地震というものを。東京から仙台、青森にかけて都市部は大火で焼け野原となり、100万単位の犠牲者が出る予測です。予知すると10万にヘリます。いつなのか。今まで当たりませんでしたが、次に2020年2月の冬が危険です。
 彼の警告とかなり符号します。東京は地方都市とは違い、大火事になると逃げ場がないので、早く大きな公園に避難するのが、唯一の生き残り策です。津波に襲われた町が、出火で大部分が焼けたこと、神戸震災で火災が広がったことは、忘れてはいけません。
 冬の地震は、都市部では火事になるので、早く逃げましょう。

  ゲッケイジュ(amazon)


 私の予知は皆様のご支援に支えられています。私は月の収入が4500円未満です。ご寄付があれば助かります。7-8月に貯金がつきます。よろしくお願いします。

= 予兆(本日から明日朝、確率2-3割) =
 千葉北でそろそろ大きなのがあるはずだが… 予兆がない。

潮汐の危険日 - 7/8-12, 16-19, 24-27, 30 詳細

分布---アイリスより。10地域でふつう。M6.9 モルッカ海、アフガン、千島-伊豆諸島-マリアナの弧、ニューギニア2、フィジー4、アラスカ、中米2、チリ、大西洋中

地球---衛星磁場はややあれる。7時に波。衛星電子は8時に波

世界の地磁気異常
14時の波は露DIXで上 日本でM4
22時の波は露AMDで上、台湾M4-5

茨城県の地磁気は
kk20190707m.png

(気象庁観測データプロット)
鉛直成分が強め。

茨城県の地電流は
kk20190707.png

やや太いグラフ。何だろう。北海道は4時に強い波。

鹿児島は
kn20190707.png

緑グラフが22時にはねあがる。九州でM4

 -- テレビ予知 (イベントは31日後、朝ドラは当日)--
なつぞら--幼児本、送迎の車。男女関係が遅れている
 
またのお越しを
posted by たすく at 10:54| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください