2020年05月23日

記事『東京湾で続く不気味な揺れ…コロナ禍のさなか首都直下地震の足音』について『首都直下地震まで23日 - 3密を避ける』, 地震予知 M4-5 小笠原諸島、茨城県、沖縄

地震予知(観測データ、確率20%)
M4-5 小笠原諸島

テレビ予知 (詳細)--確率10-15% (2)
5/20-23 M4-5 日本・台湾(滝・天竺山、小岩)
5/20-23 M4-5 オセアニア(大木の幹、地球・熱帯雨林、がけ三段)
5/20-23 M4-5 台湾・沖縄(滝・かいだん・天竺山、小岩)
5/20-23 雪
5/24 M4-5 東北(ピラミッド・地下洞窟、滝・あり、洞窟)
5/24 M5 セラム海(島、ドーム研究所)
5/24 強風(たつまき)

 大阪は晴れ
 朝から軽い頭痛。ひどいですね。ブログ写真も編集できませんでした。

コビッド(COVID-19) - 公共施設はオープンしたのか?
 図書館に行ってみたいが、もう開いているのでしょうか?

** 地震 **

首都直下地震 まで22日 - 3密を避けるために
 的中率は2-3%です。次の危険日まで3週間と少し、残された時間は少なくなってきました。準備は万全に。
 地震で火事になり、自宅が燃え尽きます。避難所に入ると、混んでます。新型コロナに感染しそうです。どうしたらよいでしょうか?
 東京の社会人と子供は心配無用です。この3ヶ月はウイルスにさらされてきました。おそらく抗体をもち、感染しません。ずっと自宅に隠れていた耐性がない高齢者は注意したほうがよいです。
 高齢者は避難所でも別室に入り、過ごしたほうがよいでしょう。もしくはテント生活をするか。遠くの親戚の家にゆけばよいと思います。
 避難所でなくても、火事で逃げ場が少なく、一時的に密集します。が、それも避けたいなら、早くに疎開しましょう。

『東京湾で続く不気味な揺れ…コロナ禍のさなか首都直下地震の足音』(日刊ゲンダイDEGITAL)について
 東京湾北部で小さな地震があいついだことに、高橋学教授は、このあたりか、内陸か、内陸の浅いところ、沖のほうで首都直下地震が考えられると言います。大地震は前震の付近と限らないようです。東京湾北部の周辺でありえるということでした。
 私は言いたい。首都直下地震はコロナ禍の最中にきます。その次の危険日は、6月14日です。透視では、震源は池袋の地下です。ここが東京湾北部から遠いので、正確でないかもしれません。最も揺れるのは文京区の東ですし。前震も出始めました。東京大地震は気をつけましょう。
 
これまでの地震
岐阜の飛騨地方はM3-4くらいがまだあります。他は5/23 M3.6 浦河沖5/23 M4.9沖縄本島近海

これからの地震
世界 - 16-17時にアラスカの地磁気が南をさす。グリーンランドで北をさす。アリューシャンか環太平洋でM5-6
日本 - 茨城県の地磁気グラフは力Fがよく下がる。小笠原諸島か沖縄でM4-5

公式予知 世界 5月 (的中率 2-3%)
5月3-5日 M5-6 台湾 宣蘭県 (透視は5月3日)→的中 5/3 M5.1 花蓮県
5月6-9日 M6-7 米 加州中部 (8日)→半分的中、5/15 M6.5 ネバダ(隣州)
5月17-20日 M6-7 キルギス (19日)→隣国、おしい 5/18 M5.0 雲南省
 
 私の予知は皆様のご支援に支えられています。私は月の収入が3000円未満です。ご寄付があれば助かります。よろしくお願いします。

= 観測データ(本日から明日朝まで, 確率2-3割) =
地磁気の波は16-17時に強め
   
潮汐の危険日 詳細
24-26,29-30

分布---アイリスより 9エリアでふつう。ギリシア-トルコ、アフガン、沖縄、スマトラ、タラウド、ソロモン、加州、M6.1 メキシコ中、チリ。

分布予想 (的中 **)
 特にない。

世界の地磁気異常
16-17時に地磁気がアラスカで南をさす。ノルウェーで北をさす。太平洋でM6
露TIX,DIX,AMDでさす上をさす。日本ではM4-5

茨城県の地磁気は
kk20200522m.png

(気象庁観測データプロット)
力Fがよく下がる。沖縄、小笠原諸島でM4-5
 
茨城県の地電流は
kk20200522.png

太めのグラフはどこだったかな。茨城県か千葉だったような記憶がある。細いのは最近は浦河沖。右肩あがりから福島あたりもありえる。

鹿児島は
kn20200522.png

長周波で波打つのは沖縄でした。今日もそこから南で。赤グラフのノイズが強いのは、観測所の近くで発生している類。

 -- テレビ予知 (イベントは31日後、朝ドラは当日)--
エール - まとめ

またのお越しを
posted by たすく at 12:17| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください