2020年06月30日

記事『【緊急警告】7月4日前後に大地震が発生の可能性~的中しまくる「電気的地球科学の専門家」~』について, 地震予知 M4-5 沖縄・小笠原諸島

地震予知(観測データ、確率20%)
M4-5 沖縄・小笠原諸島、鹿児島

テレビ予知 (詳細)--確率10-15% (2)
6/28-7/1 M5-6 インドネシアからオセアニア(ドラゴン、島、木に落下)
6/28-7/1 M4-5 ネパール(雷)
6/28-7/1 M5-6 メキシコ(宝石)

 大阪は激しい雨
 豪雨です。嵐のように風も強く、家から一歩も出られません。おやつ買いの外出だけは今日もやりとげます。こんな大雨でも三峡ダムみたいなご立派なのがあれば、安心です。形が歪んでも、ずれても壊れません。ほんとよくもちます。

牝鹿

履正社グラウンドの北 箕面森町
 
** 地震 **
 鹿を見た1日以内に、近畿で地震なし。雨後の鹿でしたか。

記事『【緊急警告】7月4日前後に大地震が発生の可能性、千葉とメキシコ地震は前兆! 的中しまくる「電気的地球科学の専門家」が超徹底解説!』(TOCANA)について
 地震を電気の流れで解明しよう。それで予知に挑戦する記事です。岩石を圧縮すると電気が流れます。マグマが動くと電気が発生します。その電気が地殻に流れると、岩盤が伸びます。それが地震を引き起こすという観点です。
 太陽からは太陽風に乗って、電子が地球に大量に届きます。よって私には太陽がマイナスで、地球はプラスに思えます。が、この電気的宇宙科学では「太陽はプラス」と考えるようです。謎です。
 「月はマイナス」とされてます。実際は、地球の電離層などの磁場圏が強く、太陽風による磁場変動は大きいが、月のは小さくて無視できるほどと私には思えます。が、この記事ではそうでもないようです。???だらけです。
 ともかく、7/4は月の遠日点で地球から最も遠くなります。その影響で、大地震が起きるという説を唱えています。その時に、地球の自転が変化するためだそうです。それでブレーキや加速など物理的な力が働くためなら理解できます。が、電気がどうのこうというのは私には太陽風のそれより小さいように思えまして、影響もわずかと思うので、???です。
 電気が流れると、地殻がややもろくなるから、地震が起きやすい。私にわかるのはそのくらいです。
 月の遠日点に地震が起きる、というのは目新しいです。どこかはわからないようです。日本でないことを祈りましょう。私の予知では、7月に日本で大地震はありません。
 これはまだ新理論のようで、穴が多かったです。今後、研究を深めると、いいものに仕上がる予感はあります。
 
これまでの地震
6/29 M4.4 宮古島近海, M5.4 伊豆諸島の東、M3 浦河沖と根室半島南東沖。沖縄の南のほうでした。

これからの地震
世界 - 11時にアラスカが南をさす。NZで北を強くさす。オセアニアか環太平洋でM5-6
日本 - 鹿児島のち電流グラフが特に高くあがる。鹿児島県でM4-5

公式予知 世界 6月 (的中率 2-3%)
6月8日 M5-6 台湾 台南市北東 (透視は8日)→ハズレ
6月12日 M6 福島沖→ハズレ
6月14-17日 M7 東京都 (14日)→惜しい。6/14 M6.3(M6.6) 奄美大島北西沖
6月26-29日 M6-7 サンタクルーズ諸島 (26日)
6月29-30日 M5-6 中国青海省 (29日)
 
 私の予知は皆様のご支援に支えられています。私は月の収入が4000円未満です。ご寄付があれば助かります。よろしくお願いします。

= 観測データ(本日から明日朝まで, 確率2-3割) =
 中央アジアに多い感じ
 
潮汐の危険日 詳細
6/28-30

分布---アイリスより 9エリアでふつう。アセンション諸島、ギリシア、タジク3、沖縄、千葉南東沖、サモア、ニカラグア2、南ペルー2、チリ

分布予想 (的中 **)
 特にない。

世界の地磁気異常
1-2時にアラスカで北をさす。3時にグリーンランドで南をさす。中央・西アジアでM4-5
18-21時に露TIX,DIX,AMDに上をさし。日本から台湾でM4-5

茨城県の地磁気は
kk20200629m.png

(気象庁観測データプロット)
 東西成分がよくさがる。沖縄・小笠原諸島でM4-5

茨城県の地電流は
kk20200629.png

kk20200629.png

 1-3時に高くなる。伊豆・小笠原諸島でM4-5

鹿児島は
kn20200629.png

 赤グラフが右肩下がり。鹿児島でM4。緑グラフに長周期の波がみられる。沖縄でM4。23時の波はクリアで台湾付近でM4-5

 -- テレビ予知 (イベントは31日後、朝ドラは当日)--
エール - 再。レコードと音楽。

またのお越しを
posted by たすく at 12:06| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください