2020年07月20日

記事 『東京オリンピック開幕日「7月24日午後11時」に巨大地震&日本沈没!? 韓国YouTuberが予言~』←やばい 地震予知 M4-5 北海道・青森

地震予知(観測データ、確率20%)
M4-5 北海道・青森

テレビ予知 (詳細)--確率10-15% (0)
7/19-22 M5-6 日本・千島(黒い丸、潜水艦)
7/19-22 M5-6 スマトラ・インドネシア(象を動かす、海賊)
7/19-22 M5-6 オセアニア・スマトラ(象を動かす、大木、海賊)

 大阪は晴れ
 日曜はやっと休めました。箕面の滝をのんびり、見に行ってました。午前から外出すると、ほんと、時間に余裕ができます。いいですね。

 ほんと、ひどい。今日も朝から軽い頭痛。いつものキンポウゲ中毒被害です。鎮痛剤のベネスロンを飲みました。頭があまり働きません。

 芸能界で昨今、自殺が増えてますが、荒れてます。私は予知で、それを防ぐべく、いろいろやっていたはずなのですが… なんとも残念です。
  
箕面の滝

大阪

** 地震 **
 来月の3大地震を鋭意、透視中です。日本に大きな地震がないことはわかりました。が、2020年後半の大地震で、8月に長野で少々揺れるというのがあったはずです。4-5番目くらいかな。

記事 『東京オリンピック開幕日「7月24日午後11時」に巨大地震&日本沈没!? 韓国YouTuberが予言~』←やばい

『東京オリンピック開幕日「7月24日午後11時」に巨大地震&日本沈没!? 韓国YouTuberが予言、生存者50万人以下…Netflix『日本沈没2020』と奇妙な符号!』(TOCANA)

 私が注目した韓国Youtuberの予言がトカーナにも。2度めです。またも私はトレンドを先取りしました。私が煽った張本人ではありませんよ。怪しげな予言の最先端を知りたい方は、私のブログを要チェックです。
 Prohecy of Korea氏の予言です。オリンピック開催日の7/24 午後11時に東海地震が発生して、日本が沈没します。日本沈没ははやりで、Netflixの韓国製アニメ「日本沈没2020」(7/9から見れる)も。日本沈没が韓国で2件も語られました。この奇妙な符号は何か?
 韓国で2009年に公開された映画『TSUNAMI‐ツナミ‐』が思い出されます。それは2年後、311があり、現実になりました。日本沈没も真実になるのでは? このあたり、記事の執筆者の白神さんは興味があるようです。
 韓国の地震映画は、予想日に発生しないという法則があるようです。近々起きる予言だけを彼らはアニメや映画にするかもしれません。7/24は大丈夫のようですが、数年以内に日本沈没みたいなことが起きるかも。

これまでの地震
7/17 M3.1 播磨灘 7/19 M4.2 茨城県沖
これからの地震
世界 - アラスカで7-8時に北をさす。グリーンランドで南をさす。ヨーロッパから西アジア、大西洋でM4-5
日本 - 茨城県の地磁気は、東西成分が24時頃に特に強い。小笠原諸島でM5
 
公式予知 世界 7月 予定(的中率 2-3%)
7月15-18日 M6-7 トルコ マルマラ海 (透視は16日)
7月22-25日 M6-7 バヌアツ (23日)
7月29-30日 M5-6 台湾 台南市東25km (30日)
 
 私の予知は皆様のご支援に支えられています。私は月の収入が4000円未満です。ご寄付があれば助かります。よろしくお願いします。

= 観測データ(本日から明日朝まで, 確率2-3割) =
 6/19 M6.1 サモア。
 
潮汐の危険日 詳細
23,26,27-30

分布---アイリスより 11エリアで多い。イエメン、アフガン、チベット。スマトラ2、比・バンダ海・ミクロネシア、茨城県3、千島2、バヌアツ3、コロンビア、チリ2,アイスランド

分布予想 (的中 **)
 台湾(昨日)-比-バンダ海のラインがみえるので、M5-6がありうる。

世界の地磁気異常
9時にアラスカで南。露なし。オセアニアから中南米でM5
15時にアラスカで南をさす。露TIXで上南、,DIXで上をさす。千島・日本でM5
 
茨城県の地磁気は
kk20200719m.png

(気象庁観測データプロット)
赤いグラフは小さな波しかみられません。日本最大M4

茨城県の地電流は
kk20200719.png

12-20時にかなり細いので、青森から北海道でM4-5

鹿児島は
kn20200719.png

 かなり細い。台湾で、3-12時に方形波。最近、ここに方形波があっても地震がない。

 -- テレビ予知 (イベントは31日後、朝ドラは当日)--
エール - 留学するかどうか悩む。

またのお越しを
posted by たすく at 13:14| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください