2021年07月19日

茨城県の地磁気グラフに予兆をみつける方法 地震予知 M5-6 太平洋

地震予知 M5-6 太平洋

テレビ予知 (詳細)--確率10-15%
7/18-21 M6-7 茨城県(クレーター)
7/18-21 M4-6 イラン・インド西・チベット(扉、つぼ、骸骨、巨体男)
7/18-21 M4-6 ペルー(床のめりこみ)

大阪は快晴
 猛暑で、セミが朝から鳴きます。昨日、茨木市にサイクリングしてきました。帰路、万博で夕立にあい、万博シティで休んでました。モールはどこも大勢、買い物に来てました。

曇り

万博シティ

** 地震 **
 今日・明日に大地震です。茨城県沖だとビンゴです。7/19 おかえりモネに能という4日前サインが出ました。日本の大きな地震は2日後の19日です。

茨城県の地磁気グラフに予兆をみつける方法
  今日は研究発表です。茨城県の地磁気はどうなるとどこに地震が発生するでしょうか? 今年5月前半は地震が多かったです。
kk202105_18days.png
5月前半の地磁気(気象庁)。予兆は前日の地磁気を見ます。

5/1 M6.8 宮城県沖 - 前日は4/30です。赤グラフの真ん中が凹みます。東西の値を示す青いグラフは大きく下がります。力を表す空色のグラフもよく下がります。
5/3 M5.7 石垣島 - 5/2に赤グラフに真ん中の凹みはありません。青グラフのみ大きく下がります。
5/14 M6.3 福島県沖 - 5/13に赤グラフは真ん中が凹みます。青グラフも下がります。
5/16 M6.1 十勝沖 - 5/15の赤グラフは真ん中が凹みます。青グラフはやや大きく下がります。空色のグラフは大きく下がります。

 以上から東北と北海道は赤グラフにマイナスの波がないと発生しません。沖縄は青グラフが大きく下がり、赤グラフは下がらないことがあります(大きな地震が太平洋にあるとき必ず赤グラフは凹みます。上のケースでは赤グラフが凹みませんでしたが、例外です)。北海道は赤グラフは凹みますが、青グラフが大きく下がることはないようです。

 これらが予兆です。これを使うと北海道、東北、沖縄のどこかを判定できます。細かくデータを取るとより正確になります。読者の皆様もやってみましょう。

これまでの地震
7/18 M4.4 徳島県北部、7/18 M4.7 福島県会津
これからの地震
世界 - グアテマラ,ドミニカ,パナマと中米に多い。中南米でM5-6が低い確率
日本 - なし

公式予知 世界 7月 (的中率 2-3%)
6月23-26日 M7 福島 (25日)--失敗 7/4
6月23-27日 M7.5 東京湾 (27日)-失敗
7月6-10日 M6-7 トルコ (6日)--外れ
7月16-20日 M7 茨城県沖 (20日)
7月29-31日 M6-7 千島 (29日)

 私の予知は皆様のご支援に支えられています。私は月の収入が1000円未満です。窮地です。ご寄付があれば助かります。よろしくお願いします。

= 観測データ(本日から明日朝まで, 確率2-3割) =
 アラスカの15時に地磁気が南をさす波。日本ではないらしい。 

潮汐の危険日 7月7/18-20,22,24-25,31

分布 - アイリス10地域で多め。ギリシア-イラン、スマトラ、スラウェシ、パプアニューギニア、M5.4トンガ、太平洋中、北加州、グアテマラ-ドミニカ-パナマ、ボリビア

分布予想 (1-3割の確率)
 1地域に2つ。M6が起きやすい。グアテマラ,ドミニカ,パナマと中米に多い。中南米でM5-6が低い確率

世界の地磁気異常
15時にアラスカで南をさす。太平洋でM5-6
露DIXで上をさす。ここのみのため、日本の可能性は低い

茨城県の地磁気は
kk20210717m.png

(気象庁観測データプロット
 青グラフが下がりません。これはどこかの予兆でしたが、忘れました。

 -- テレビ予知 (約31日後,朝ドラは当日に現実化)--
おかえりモネ - 屋根が低い水上船、川べり、科学の実験の展示、スタジオ

またのお越しを
posted by たすく at 11:50| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください