2022年06月24日

公式予知『6月22-25日 M6-7 日本・宮城県沖 (24日)』はくるか? 地震予知 M4-5 小笠原諸島・沖縄

テレビ予知 (詳細)--確率10-15%
6/22-25 M6-7 宮城県沖(がれき)
6/22-25 M5-6 ペルー(かべのめりこみ)
6/22-25 たつまき(大たつまき)

大阪は晴れ
 ほんと、暑くなった。30度を超えて、ふらふらだ。外を出歩くと汗が出ない。制汗剤を例年のように顔にまかれのたか。給付金の申請書が届かない。月曜に手続きを終えたのに、池田市役所はもたもたするな。

川柳
 温暖化 クーラーつけて 寒冷化

** 地震 **

公式予知『6月22-25日 M6-7 日本・宮城県沖 (24日)』はくるか?
 私は5月22日放送の「仮面ライダー・リバイス」に「瓦礫」というサインがあったことから、日本の地震予知した。それが起きるのは6月22-25日だ。透視では6月24日、宮城県沖だった。それは発生しそうか?

アラスカの地磁気は、なだらかで大きな波がない。太平洋でM6以上が発生する確率は低い。1割もないだろう。そして、茨城県の地磁気はどうか?

茨城県の地磁気は
kk20220623m.png

(気象庁観測データプロット)
 6/22 23時から4時に青グラフが大きな波。空色グラフは0時によく下がる。北海道、小笠原諸島、沖縄でM4-5

 細かな波は出た。が、一日目だ。大地震は予想しない。東西を示す青グラフの振幅は大きいが、これは北海道か小笠原諸島、沖縄の地震だ。宮城県沖は確率が極めて低い。これらから、日本で大地震は起きがたい。宮城県沖は外れそうだ。

 5月21日の透視記録をみると大きい順に1、イラン南、2,スマトラ南、3、台湾花蓮県とある。イランは1000人以上が犠牲になった6/21 M5.9 アフガンの間違いだろう。花蓮県の地震は6/20 M6.0があった。次はスマトラである。こちらの予知にしておけば、2つは当たりかけていた。私は5月の末日に透視を大きく間違えたことがみえてきた。

 次はスマトラである。きっと宮城県沖ではない。

予知の結果
『20-21時に露TIX,AMDで上と南をさす。日本から台湾でM5』した。台湾近くで、M5.6 与那国島だった。やや大きいものを予想して、当たる。

これまでの地震
 6/22 M5.6 与那国島近海

これからの地震
世界 - 3時にアラスカで北をさす。ヨーロッパ北部かアラスカでM4-5
日本 - NZで9時に西を強くさす。NZでM4-5

 公式予知 世界 6月 (的中率 2-3%)
6月4-6日 M6-7 ペルー (透視は4日)→6/8 M6.5 ブラジル西
6月8-11日 M7 インドネシア・スマトラ島南部 (10日)
6月22-25日 M6-7 日本・宮城県沖 (24日)→6/22 M5.9 アフガン東部

 私の予知は皆様のご支援に支えられています。私は月の収入が1000円未満です。窮地です。ご寄付があると余裕をもって活動できます。よろしくお願いします。

= 観測データ(前日のデータから予想 明日朝まで確率1-3割) =
 

潮汐の特異日 6月
6/21-24, 29-30

分布 - アイリス12地で多め。イエメン、アフガン-ウイグル、台湾-小笠原諸島、千島、アリューシャン、バンダ海、ニューギニア、フィジー、ホンジュラス、ボリビア、アイスランド、大西洋南

分布予想 (1-3割の確率)
 台湾とバンダ海がある。M6の可能性はある。1地域に2つ。

世界の地磁気異常
3時にアラスカで北をさす。ヨーロッパ北部かアラスカでM4-5
NZで9時に西を強くさす。NZでM4-5

衛星電子(GOES 電子/cm2 s sr, 16青-大西洋側 17赤-太平洋側)
 電子数は1000個以上。大西洋側は2, 4-8時に0子に下がる。M6以上は少ない。

 -- テレビ予知 (約31日後,朝ドラは当日も)--
ちむどんどん - 謝る。帰ってきた。

またのお越しを
posted by たすく at 14:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック