2022年09月22日

アラスカの地磁気に南をさす2本の波 どこの予兆? 地震予知 M4 日本

テレビ予知 (詳細)--確率10-15%

大阪は曇り
 来月の予知をするために、映画の予告を見ている。チケットをもらわないと見ることはあまりないけれど。予告はみるのは楽しみ。想像の世界が広がる。

川柳
涼しくて 窓しめた昼 照りもどる
   
** 地震 **

アラスカの地磁気に南をさす2本の波 どこの予兆?
 波形から地震の位置をみつける挑戦をする。もっと大規模に調べないと正確なことがいえないと感じる今日このごろ。
x20220921_alaska.png

(USGS)
バロー(BRW)は9時と10時に鋭い波。カレッジ(CMO)も同じころに。南をさす2本の波は統計はとってなくて、どこか不明。太平洋でM5-6。

『"大地震起きにくい"過少評価されてきた沖縄…実はM8クラスがいつ起きてもおかしくない状況 防災意識向上が急務』(FNN)

 地震予知の結果
『19時にグリーンランドで北、ノルウェーで20時に南をさす。M5-6 大西洋北』→ なし。

これまでの地震
9/22 M5.3 千葉県東方沖
これからの地震
世界 - 9,10時にアラスカで2波。W型もありメキシコ。M5-6 太平洋。
日本 - 茨城県の地磁気は平穏。日本でM4

 公式予知 世界 9月 (的中率 2-3%)
9月4-6日 M6-8 メキシコ南(透視は5日) → 9/5 M6.6 四川
9月7-11日 M6-7 日本 福島 (11日) → 9/11 M7.6 パプアニューギニア
9月21-24日 M5-6 台湾 花蓮県 (24日)→9/18 M6.8 台湾花蓮県

 非公式 日本 9月 結果で透視の的中率がみえる
透視中 

 私の予知は皆様のご支援に支えられています。私は月の収入が1000円未満です。窮地です。寄付・カンパをよろしくお願いします。

= 観測データ(前日のデータから予想 明日朝まで確率1-3割) =
 地磁気は平穏。

潮汐の特異日(9月)は
9/18-21 24 27-30

分布 - アイリス12地域でふつう。大西洋北、イラン東、ウイグル、大西洋、スンダ諸島、ミンダナオ島、バンダ海、M5.7 パプアニューギニア、バヌアツ、千葉、カムチャツカ、チリ北

分布予想 (1-3割の確率)
 インドネシアに多い。インドネシア周辺でM5-6

世界の地磁気異常
地磁気は平穏
9,10時にアラスカで2波。W型もありメキシコ。M5-6 太平洋。

茨城県の地磁気は
kk202200921m.png

(気象庁観測データプロット)
 9時にマイナスの波。これは細い先。日本の周辺部のカムチャッカやフィリピンか。

 -- テレビ予知 (約31日後,朝ドラは当日も)--

ちむどんどん - 結婚。伊勢踊りのようなもの

またのお越しを
posted by たすく at 12:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック