2018年09月22日

『ヨハネの黙示録に大阪北部地震はあと2つ予言されていた!!』、「首都直下地震 - 倒壊する家屋」,予知 - M4-5 日本

『ヨハネの黙示録に大阪北部地震はあと2つ予言されていた!!』、「首都直下地震 - 倒壊する家屋」,予知 - M4-5 日本

予知(観測データ、確率2-3割)(1)
M4-5 日本

テレビ予知--確率10-20% (3)
9/19-22 M5-6 日本(ビル壊れ、たるもれ-船)
9/19-22 M5-6 オセアニア(惑星2つ、宇宙と神殿ギリシア)
9/19-22 M5 台湾(石碑、中華)
9/23 M7 東北、千葉、長野、東北(大地に割れ目、木こり、がれき)

 こんにちは、大阪は曇り後晴れ
 久々の晴れ間です。蘇るような気分。

 五月山の上、雲が東北に向かいます。地震雲です。今日の夕方から明日にかけて、東北でM5以上です。


 4日前サインをみかける。ちこちゃんは「東海道53次」など江戸の絵が多かった。昨日は、着物のシーンが多かったような気がします。昨日からだと4日後の9/25、今日から始まったなら9/26。東北沖でかなり強い地震です。

 公式予知 9-10月 (的中率 2-5%)
9/23-26 M7 東北沖(福島)
9/26-29 M6.5 山梨県南部 午後4時すぎ
10/3-6 M8-9 東北-首都直下

10/5 PM10:20:40 東北大震災 10/6 AM1:40-2:00 首都直下地震
 連動地震で311級の震災です。宮城県、福島、茨城、千葉が震度7。東京は震度5です。揺れが強いです。余震はM5 富士山、M6 長野、岩手などあります。311並みです。大津波です。君子危うきに近寄らず。関西に疎開しましょう。

 地震記事
ヨハネの黙示録に大阪北部地震はあと2つ予言されていた!!
  遅きに失す。先日、黙示録に大阪のシンボルをついにみつけました。重要な発見です。後ろの章で探すことで、大阪の自然災害を予知できますから。

 現在は14章7節の予言が成就しています。

 九州は子羊と私はつきとめました。子羊はある羊と呼ばれる女性をさすのですが、彼女が熊本に住んでいたからです。九州の自然災害と対応させると、うまくその時期のものとあてはまります。

14章 4節
彼らは、女に触れて身を汚したことのない者である。彼らは童貞だからである。この者たちは、小羊の行くところへは、どこへでも従って行く。この者たちは、神と小羊に献げられる初穂として、人々の中から贖われた者たちで、

 子羊が2度登場します。2016年の熊本地震は2度ありました。

 5節はよくわかりません。

14章 6節
わたしはまた、別の天使が空高く飛ぶのを見た。この天使は、地上に住む人々、あらゆる国民、種族、言葉の違う民、民族に告げ知らせるために、永遠の福音を携えて来て、

 後半の「あらゆる国民、種族、言葉の違う民、民族」はインドネシアと私は透視でみつけてましたが、実際には、バリでした。ロンボク島で2018年8月5日に強い地震がありました。なぜバリがそんなシンボルとなるかはよくわかりません。

14章 7節
大声で言った。「神を畏れ、その栄光をたたえなさい。神の裁きの時が来たからである。天と地、海と水の源を創造した方を礼拝しなさい。」

 現在はこの節の予言が一つ「天と地」の9月6日の北海道胆振東部地震が起きました。次は、「海」の地震で、東北で大きなものがあり、山梨へとつづきます。9月の地震です。

14章 8節
また、別の第二の天使が続いて来て、こう言った。「倒れた。大バビロンが倒れた。怒りを招くみだらな行いのぶどう酒を、諸国の民に飲ませたこの都が。」
(日本聖書協会より)

 そのあとは、8節の大バビロンの倒壊です。大がつくと東北を含む首都直下になるようです。これは10月初旬に発生します。

 さて、大阪北部地震は6月18日でした。ロンボク島地震の前です。すると、それは14章5-6節に予言されていたはずです。

 私はそこを徹底的に調べました。で、ついに発見しました。「天使が空高く飛ぶ」です。「空」は大阪をさすようです。「空」を象徴にもつ人物は大阪に住んでいます。天使は大阪か神戸付近をさすのですが、はっきりしません。「高い」は高槻のことでしょう。大阪北部地震の震源です。「空高く飛ぶ」が、大阪北部地震の予言でした。

「天使が飛ぶ」は、飛行機事故と解読してましたが、重大な誤りでした。見逃したのは不覚でした。これまでこれ一つしか出てこないので、わからなかったのです。

 わかったところで次に進みます。今後の大阪北部の災害はどれだけあるでしょう。

 「空」は16章17節に「天使が、その鉢の中身を空中に注ぐ」、19章7節「天使は、大声で叫び、空高く飛んでいるすべての鳥」と2度登場します。空はいつも天使の一文にあります。

 16章は2020-23年くらいと思います。その頃に大阪で地震です。「空中」は豊中をさすのしょう。19節は、18章のバビロン倒壊が2026年でそのあとですから、2026-2030年でしょうか。「空高く」と高槻です。「鳥」は池田の象徴ですから、高槻から池田にかけての地震です。

 「空」を大阪北部とすると、2020-23年の豊中地震と、2026-30年の高槻から池田にかけての大地震と2つ予言することができました。私の地元です。やばいです。当面先ですが、安穏としてられなくなりました。

『明日にも東京を襲いかねない災害にどう備える?(石田純一)』(デイリー新潮)
首都直下が迫る昨今、地震火災への注意を呼びかけました。
 
10月の首都直下地震 - 倒壊する家・マンション
 地震で倒れる家、マンションはいくつかあります。大家具のない部屋を作っても、家ごとつぶれてはどうしようもありません。そんな危険な家に住んでいる方は、地震が来そうな時間帯には家から出ましょう。耐震住宅でなく、これまでの地震で大きく家ごと揺れるような危ない物件です。地震が来るのを家の外で待ちましょう。次の震災では、1発目を耐えても、東京より東は深夜に2発目が来ます。
     
月桂樹(amazon)


 寄付のお願い。私の予知は皆様のご支援に支えられています。私は月の収入が1万円未満です。ご寄付をよろしくお願いします。

==  今日の予兆・前兆(本日から明日朝までの地震)==
 今日から、東北大地震の予兆をチェック。透視では9/23だが、まだなので、明日の昼以降か。

潮汐の危険日-- 9/19-20, 9/24-10/1, 10/4-8 詳細

 分布---アイリスより。5地域。千島、スラウェシ。フィジー、ガラパゴス諸島。南チリ。

地球---衛星磁場は平穏。*時に波。衛星電子は24時に波

世界の地磁気異常
24時の波はグリーンランドで最大。大西洋北でM5

日本--なし

茨城県の地磁気は
kk180921m.png
(同上)
特にない。

茨城県の地電流は
kk180921.png
(気象庁観測データプロット)
23時にプラスの波。東北沖でM4-5。

鹿児島は
kn180921.png
細いのでやがて、台湾でM4-5。

 -- テレビ予知 (イベントは31日後、朝ドラは当日)--
 半分青い--パーティーと地震。撮影。

 後半で地震でしたから、日曜に強い地震か。一ヶ月後か。

 次の震災は10月5-6日、東北-首都直下の連動地震です。すでに被害を透視でつきとめました。あとは、現地で確認するだけです。それを記事にする雑誌・新聞を募集します。倒れるビル、東京タワー、新宿ビル、首都高速の倒壊、お台場などの被害を詳しく明らかにします。リアル想定を日本で唯一、報道しませんか?

またのお越しを
posted by たすく at 11:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする