2022年01月20日

GOES衛星の法則 - 電子数が多いと大地震が発生しない? 地震予知 M5以上 北海道,小笠原諸島,沖縄

地震予知 M5以上 北海道,小笠原諸島,沖縄

テレビ予知 (詳細)--確率10-15%

大阪は晴れ
 顧客リストを作りたい。フリーソフトを探して、よいものがみつからなかった。エクセルでの作り方をユーチューブでみた。等分、うまくゆきそうにない。暗記で頑張るわ。

眠そうなカモ

昆陽池

** 地震 **

GOES衛星の法則 - 電子数が多いと大地震が発生しない?
 GOESとはアメリカ合衆国の静止気象衛星だ。アメリカ大陸の上空の東西に2機は浮かぶ。気象だけでなく、X線などを調査する。そこで観測された電子のグラフを見る。

 私はどちらの状態で大地震が多いかを年末に調べた。すると、グラフが乱れたようにみえる時にのみ、大地震があった。グラフがきれいな時には大地震がなかった。グラフが乱れた時は大地震が発生して、そうでないと大地震もない。私の仮説だ。

ここ3日、グラフが乱れてない。グラフが乱れるとは多数の波が下の方に生じることだ。電子数が1から100の間でいったりきたりする。実際に電子の増減が激しい状態ではない。電子数が非常に少ない時のグラフだ。電子数が100を超えると、グラフは直線的になり、乱れてないようにみえる。

この理由として、考えられるのは地震前に大気中の電子が、地面に吸い寄せられるためだ。アメリカ大陸がプラスの電荷を帯びるためだろう。現在は、ここまでわかった。
w_goes20220120.png

(NOAA-アメリカ海洋大気庁)
 1月19日はグラフがきれいに線で表示される。電子数が多い状態だ。これは1日以内にM6以上の大地震が起にくい。

予知の結果
昨日は「バンダ海の法則 台湾-ミンダナオ-バンダ海と並ぶ 高確率でM6以上」と予知。M6以上は発生しなかった。かわりに、狭い地域に多数の地震が発生する。

これまでの地震
1/20 M3.4 岩手県沿岸北部
これからの地震
世界 - 13時にアラスカで南をさす。太平洋でM5-6、3時にアメリカとグリーンランドで南をさす。大西洋でM5-6
日本 - 柿岡の地磁気は1-2時にマイナスが強い。M5以上 小笠原諸島か。17時に露DIX,AMDは上を指す。沖縄・台湾でM4-5

公式予知 世界 1月 (的中率 2-3%)
1月1-3日 M5-6 ギリシア (透視は1日)→1/3 M5.8 雲南省か1/4 M6.3 父島近海
1月14-17日 M7-8 アラスカ (14日)-インドネシアか。
1月26-29日 M6 台湾 (26日)-北海道か。

 私の予知は皆様のご支援に支えられています。私は月の収入が1000円未満です。窮地です。ご寄付があると余裕をもって活動できます。よろしくお願いします。

= 観測データ(本日から明日朝まで, 確率2-3割) =
 地磁気の波は13時のが大きい。

潮汐の特異日 1月
15,19-20,23-24,25-28,30-31

分布 - アイリス10地域で多い。イラン、四川、カムチャッカ半島、アリューシャン列島、アフリカ南沖、フローレス海4、トンガ、ベネズエラ、チリ2、グリーンランド

分布予想 (1-3割の確率)
 バンダ海南で発生。が、大きな地震は予想しない。
 
世界の地磁気異常
13時にアラスカで南をさす。太平洋でM5-6
3時にアメリカとグリーンランドで南をさす。大西洋でM5-6
17時に露DIX,AMDは上を指す。日本から台湾でM4-5

茨城県の地磁気は
kk20220119m.png

(気象庁観測データプロット)
3-4時に南をさす。日本でM4-5。1-2時によく南と西を強くさす。北海道、小笠原諸島、沖縄でM5以上
 
 -- テレビ予知 (約31日後,朝ドラは当日に現実化)--
カムカム・エブリバディ - ピアノ、豪華な家、レコーディング、不調

またのお越しを
posted by たすく at 12:41| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする