2018年06月21日

『ジュセリーノの予言 6月21日 M10.6 東海沖。当日だ。前兆は昨日出た?』、『大阪北部地震。余震は神戸から高槻、伏見まで!!』 予知-- M4-5 九州

『ジュセリーノの予言 6月21日 M10.6 東海沖。当日だ。前兆は昨日出た?』、『大阪北部地震。余震は神戸から高槻、伏見まで!!』 予知-- M4-5 九州

予知
地磁気・地電流・分布、確率は2-3日に1つ (2)
M4-5 九州
テレビ予知--確率10-20% (1)
6/20-23 M8-9 スマトラ北(東南アジア民族村)
6/20-23 たつまき

 こんにちは、大阪は曇り

 いやあ、6月21日です。今日はジュセリーノの東海地震の日です。ほんと、大地震の予言が目白押しです。ジュセリーノの次は、2075年の80歳老人の予言「2018年6月23日 東海地震」です。東海は今日なくても今しばらく気が抜けません。

 未来人XUが北大阪地震を少々の誤差で当てました。未来人は侮れません。予言の真偽を明らかにしないと大勢が不安に陥ります。パニックにならないようにと私は訴えたいです。東海地震の予言は6/23までありますから、ここを見に来てください。

 6月17日の御在所岳登山--大きな崖です。1日前サインのようでした。


 テレビ予知は自然災害と事故を区別しにくいです。私のスマトラ地震の予言は、6/18のスマトラ中部の客船沈没192名行方不明を予知したのではありません。

『湖でフェリー沈没、192人が行方不明 インドネシア』(CNN)

『大阪北部地震。余震は神戸から高槻、伏見まで!!』
 関西人は余震は高槻あたりと考え、伏見、宇治、神戸、宝塚や西宮にまったくこないとたかをくくっています。が、熊本地震の時は、大分や南西の宇土も余震が発生しました。強い余震は少ないとはいえ、高槻以外はまったく無警戒というのはよろしくありません。

 余震エリアは地元関西人にとって広いです。高槻-有馬断層の地震でした。その南側すべてです。高槻を中心に、西は神戸。東は高槻です。が、 熊本の時は大分まで揺れました。私は伏見・宇治、甲賀くらいまで考えます。神戸は震災でひずみが解放され、確率は低くなります。反対の京都南は高くなります。余震は断層の全体に及ぶことを忘れてはいけません。より広い範囲で考えると、西は姫路、東は三重県や滋賀が入ります。

 これは有馬-高槻断層に限った場合です。震源は大阪生駒断層の交点とも思われています。そちらを足すとさらに広がり、守口、東大阪など大阪市の東のほうも入ります。中央構造線は和歌山北部を走ってます。そちらに震源が近づくという可能性は低いですが、あります。

 気象庁が余震のエリアを発表しなかったのは、大きなミスです。地域別におよその確率で出すべきでした。中央構造線を地震は東に進んでいます。京都府南東部や京都市、滋賀県の人は連動地震がくるかも、と気を引き締めるべきでしょう。

『ジュセリーノの予言 6月21日 M10.6 東海沖。当日だ。前兆は昨日出た?』 
 予知夢のブラジル人のジュセリーノです。彼はかつて新潟地震を当てました。彼のサイトに日本語で「今月、6月21日 場所は東海地方、巨大地震の夢を見た」とあります。「2018年から2022年6月21日まで、小さな場合はM8.0-9.0。」とも。

 今日は6月21日の当日です。起きるでしょうか? 地磁気に前兆の有無を調べました。

 茨城県の地磁気(気象庁)
kk180620.png
 6/20を見ます。小さな波が2つです。0時頃のは毎日ありますから、捨象します。11時ころに小さなマイナスの波があります。これは日本で内陸は最大M4、海ではM5です。M10.0にほど遠いです。東海地震の前兆はありません。

 東海沖でM10.0は起きないでしょう。ジュセリーノの東海沖巨大地震は外れる公算大です。
 
 参考『6月21日に史上最悪の地震勃発&2043年人類の80%が死滅!? 予言者ジュセリーノの恐るべき警告とは?』(TOCANA)
 『JNL』(ジュセリーノのサイト、ポルトガル語)

 公式予知 6月 大きい順に
1, 6/20-23 M8-9 スマトラ北部 大津波
2, 6/27-30 M7 スマトラ北部沖
3, 6/17-20 M6.5 メキシコ北部 →ミス 6/18 M6.1 大阪北部

日本
1, 6/13-16 M5-6 北海道 札幌の東→ ミス 6/18 M5.9 大阪北部
2, 6/20-24 M4-5 宮崎 日向灘→ 6/12 M5.5 大隅半島東方沖
3, 6/27-29 M4-5 千葉県

 地震記事

黒松


 寄付のお願い。私の予知は皆様のご支援に支えられています。私は月の収入が1万円未満です。ご寄付をよろしくお願いします。

==  今日の予兆・前兆(本日から明日朝までの地震)==
 分布の中心がフィリピンプレートで、そこで強めが起きやすい。スマトラは南極キャセイステーションの地磁気で大地震がないかは区別できます。

潮汐の危険日-- 6/21-22 詳細

 分布---アイリスより。10地域(ハワイとマダガスカルを除く)。ミャンマー、台湾。カムチャッカ。
豪南、トンガ、NZ。ドミニカ-コロンビア-ペルー2-チリ2。分布の中心がフィリピンプレートで、そこで強めが起きやすい。

地球---衛星磁場は平穏。7時に波。衛星電子は7時に波

世界の地磁気異常
9時にアラスカで南、太平洋M5-6
18時に露TIX,DIXで上。日本はM4

日本--18時の波はM4

茨城県の地電流は
 上記
(気象庁観測データプロット)
小さな波に爪型の波形がみられます。日本国内のM4-5の前兆で、確率は低いです。

鹿児島は
kn180620.png
方形波が出て、右肩あがり。緑は右肩下がり。九州M4-5。

茨城県の地磁気は
kk180620m.png
(同上)
10時はM型の波で最大M4。

 -- テレビ予知 (イベントは31日後、朝ドラは当日)--
 半分青い--喫茶で知人と久方ぶりに出会う。女性達が泣きながら話す。服をあげる。

またのお越しを
posted by たすく at 11:09| Comment(0) | 未来人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする