2020年07月01日

『7月中旬に巨大地震が相模トラフ? 本当にやばいのは■■でした!』6月の結果、発表 7月の大地震, 地震予知 M4-5 千葉・茨城

地震予知(観測データ、確率20%)
M4-5 千葉・茨城

テレビ予知 (詳細)--確率10-15% (2)
6/28-7/1 M5-6 インドネシアからオセアニア(ドラゴン、島、木に落下)
6/28-7/1 M4-5 ネパール(雷)
6/28-7/1 M5-6 メキシコ(宝石)

大阪は晴れ
昨日の雨風はどこへやら。今朝は晴れています。今日は料理当番です。大きないかなごをゆがきました。中国産の冷凍はいまいち。

テレビ予知は編纂中です。

牡鹿 正面顔

箕面森町
 
** 地震 **

6月の結果

6月8日 M5-6 台湾 台南市北東 (透視は8日)→ハズレ
6月12日 M6 福島沖→ハズレ
6月14-17日 M7 東京都 (14日)→惜しい。6/14 M6.3(M6.6) 奄美大島北西沖
6月26-29日 M6-7 サンタクルーズ諸島 (26日)→外れ
6月29-30日 M5-6 中国青海省 (29日)→外れ

 首都直下地震の危機と予想しましたが、6/14 M6.3 奄美大島でたいしたことがありませんでした。その他は外れました。実際には6/24 M7.4 メキシコ南部、6/18 M7.4 ケルマデック諸島がナンバー1,2でした。
 後半の2つ(サンタクールズ諸島と中国)を外したのが痛かったです。日と場所が違う。これほどの大ミスは久々で緊急事態です。透視を修正しなくてはいけないでしょう。

7月の予知
 まだメディアに送ってないので、非公式です。通知先は日本の非左派雑誌・新聞とSUN,英エコノミスト,Foxnews,ワシントン・ポストなどです。世界のタブロイドからのデビューを狙ってます。どこも日本の表裏をよく知ってますよ。

7月15-18日 M6-7 トルコ マルマラ海 (透視は16日)
7月22-25日 M6-7 バヌアツ (23日)
7月29-30日 M5-6 台湾 台南市東25km (30日)

 最大は7月半ばのトルコのイスタンブールの近くです。これは30-40人の犠牲者です。他はバヌアツは規模が大きいだけ。台湾は少々犠牲者があるかもしれません。日本は大事ないようでした。

7月中旬に巨大地震が相模トラフ? 本当にやばいのは■■でした!
 5/20-22に東京湾や千葉西で小地震がありました。6/4には神奈川の三浦半島で異臭が騒がれました。これらから、立命館の髙橋教授は
「あまり地震が起きない場所でM3前後が連続して起き、その後2ヵ月程度の静穏期を挟んだ後に同じ場所でM3程度の地震が起きたら要警戒です。半日から3日後にM6.5以上の地震が起きることが多い。~もし7月20日前後に東京湾でM3程度の揺れがあれば、その直後に相模トラフの周辺で大地震が起きるかもしれません」(『関東大震災と酷似…?相模沖・巨大地震発生の予兆とは』DRIDAY digtalより)
 と予想します。異臭があったところで、地震という法則はないはずです。異臭と地震は同じなのでしょうか。もし、そうなら、この警告は重要かも。が、相模トラフよりも、地震があった東京湾北部のほうが危険というのが髙橋先生の予想法が指し示すエリアです。
 なぜ、異臭だけの相模トラフだけを取り上げたのでしょうか?
 マンションや中古不動産業界がスポンサーで首都の地震は予知しないでほしいという要望があったのでは? NHKは首都直下ドラマでした。が、民放や新聞は南海トラフばかりです。今回は相模トラフでした。民間では、首都直下地震を隠せという何かの陰謀が進んでいるのかもしれません。
 7月中旬に可能性があるのは、相模トラフよりも東京湾北部でした。本当にやばいのは東京でした。私の予知では、7月最大の地震はトルコです。大きな被害になるものは日本にありません。
 
これまでの地震
6/30 M4.0 宮古島近海,

これからの地震
世界 - 4-6時にグリーンランドで南をさす。大西洋、ヨーロッパ、西アジアでM5-6
日本 - 茨城県のち電流グラフが太く見えて、波がある。関東でM4-5

公式予知 世界 6月 予定(的中率 2-3%)
6月8日 M5-6 台湾 台南市北東 (透視は8日)→ハズレ
6月12日 M6 福島沖→ハズレ
6月14-17日 M7 東京都 (14日)→惜しい。6/14 M6.3(M6.6) 奄美大島北西沖
6月26-29日 M6-7 サンタクルーズ諸島 (26日)→外れ
6月29-30日 M5-6 中国青海省 (29日)→外れ
 
 私の予知は皆様のご支援に支えられています。私は月の収入が4000円未満です。ご寄付があれば助かります。よろしくお願いします。

= 観測データ(本日から明日朝まで, 確率2-3割) =
 
潮汐の危険日 詳細
6/28-30

分布---アイリスより 10エリアで多め。イエメン、カシミール、スンダ列島、台湾、小笠原諸島、千島、マリアナ。バヌアツ3、ケルマデック諸島、ネバダ、中米2、チリ3

分布予想 (的中 **)
 日本列島の周辺に多い。1エリアに2つ。M6以上がありうる

世界の地磁気異常
4-6時にアラスカで北をさす。グリーンランドで南をさす。大西洋から西アジアでM5

茨城県の地磁気は
kk20200630m.png

(気象庁観測データプロット)
 6時に下がるのは最大M5.5。最近は小さな波に比例した規模の地震がたまに起きる。

茨城県の地電流は
kk20200630.png

 2時によく下がる。グラフが太くみえる波は?太いのは近場です。千葉、茨城県、遠くても神奈川、伊豆、福島でしょう。15-20時に細いのは北海道でM3-4

鹿児島は
kn20200630.png

 赤グラフが0時と24時に下がる。2-3時にあがる。10時から波打つのは、熊本でM2-4

 -- テレビ予知 (イベントは31日後、朝ドラは当日)--
エール - 運動会。こける。ハーモニカ。

またのお越しを
posted by たすく at 12:05
"『7月中旬に巨大地震が相模トラフ? 本当にやばいのは■■でした!』6月の結果、発表 7月の大地震, 地震予知 M4-5 千葉・茨城"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]