2017年09月19日

『デイビッド・ミード氏--9月23日に人類滅亡。ニビルが地球に最接近。その時、大地震は東京・東北で発生するのでしょうか?』予知--M4-5 東北から北海道

『デイビッド・ミード氏--9月23日に人類滅亡。ニビルが地球に最接近。その時、大地震は東京・東北で発生するのでしょうか?』予知--M4-5 東北から北海道
予知
地磁気・地電流・分布、確率は16-33% (2)
M4-5 東北から北海道

テレビ予知--確率10-20% (0)
9/16-19 M6-7 九州か台湾(大切り株、つの岩-たき、鳥居)
9/17 M3-4 鳥取?(隕石 U字門と橋)
9/18 M5 日本(墓)

 大阪は晴れ
 いい天気。今日は午後からおでかけの予定。

 台湾地震ははずしました。が、九州から台湾で強い地震のサインはまだあります。

『人類滅亡のXデーが9月23日に確定したそうです。ニビルが地球に最接近。大地震を引き起こすみたいです。』
 
 「【悲報】9月23日の人類滅亡がほぼ確定! 惑星の配置が黙示録の記述を完全再現していることが判明!」(TOCANA 9/17)
 この記事によると、地球が9/23に滅亡します。在米聖書研究者のデイビッド・ミードが8/21の日食は、イザヤ書第13章10節「太陽は出ても暗く」をさすと考えました。この後、19節でバビロンは破壊され、最期の審判が成就します。
 ギザのピラミッドの通路には、9/20以降の出来事が記されてます。木星が救世主をさすことから、終末が9/23に到来すると彼は考えました。ヨハネの黙示録の「おおいなるしるし」というのは惑星ニビルで、地球に接近すると、重力で環境激変、ポールシフトが起きて、人類は滅亡するそうです。

 彼の大予言は私には理解不能です。が、小惑星は予測できます。これから9-10月にやばい小惑星は地球に近づきません。史上最大級の小惑星「フローレンス」は9/1に通り過ぎました。次は10月12日のTC4で、長さ15-30mでちっちゃいです。ニビルは地球周辺にきてもいません。9/23は大丈夫です。

 まとめます。ミード氏は、最期の審判のバビロン倒壊を人類滅亡と拡大解釈します。それは、ニビルの地球接近で起きると考えます。が、ニビルは9/23にまだ検出すらできてません。地球にきません。人類滅亡も起きません。彼の予言は外れます。どうやら、東京・東北で大地震は9/23におきないようです。彼はお騒がせでした。
 
公式予知9月
世界 
9月1-4日 M6.8 フィリピン ミンダナオ島 → ミス 9/8 M8.2 メキシコ
9月13-16日 M6.5 台湾南部 → 時期はミス
9月20-23日 M6.6 ペルー南部

日本は
9月4日 M5-6 宮城県沖 → ミス
9月27日 M5-6 小笠原諸島
9月15日頃 M5-6 茨城県沖 → ミス

 地震記事
 
ホンサカキ


 寄付のお願い。私の予知は皆様のご支援に支えられています。私は月の収入が1万円未満です。ご寄付をよろしくお願いします。

==  今日の予兆・前兆(本日から明日朝までの地震)==
 アラスカに強い波はありますが、地震はなかなかきません。そろそろ台湾?

 分布---アイリスより。8地域。アルバニア-キルギス-カムチャッカ。アフリカ南西-フローレス-フィジー-中チリ。南と南で東西のライン。

地球---衛星磁場は荒れる。衛星磁場は8時に波。衛星電子は8時に波

世界の地磁気異常
9-10時にアラスカで南。露TIX,DIXで上、M5-6
6時の波はカナダ東で強い。中南米、大西洋でM5

地震の法則
アラスカ2つで強い南向きの波でM5-7→ 5.13時 ○
高緯度で北をさすとM5.5以上→ ×
分布の中心が比プレートだとそこでM5.5以上→ ×

日本--12.15時の波が日本周辺M5

茨城県のち電流は
kk170918.png
(気象庁観測データプロット)
細い強い波。東北沖か岩手県でM5。鹿児島も同じ波で強い。

茨城県の地磁気は
kk170918m.png
(同上)
10時の波は、M5クラス。鹿児島の鉛直成分は茨城県より小さい。東北沖から北海道でM4-5。

 -- テレビ予知 (イベントは31日後)--
 ひよっ子--夫婦の隠し事。おばちゃん会。

またのお越しを
posted by たすく at 10:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする